2017-01

日本史偉人名言集

戦国武将の名言に学ぶ!山中鹿之介「十六歳の春甲の」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!山中鹿之介「十六歳の春甲の」の意味とは?の記事です。 【山中鹿之介】 「十六歳の春甲の立物に半月をしたりけるが、今日より三十日の内に、 武勇之誉を取候やうにと、三日月に立顔」 ...
日本史偉人名言集

戦国武将の名言に学ぶ!上杉謙信「先のことは考えず」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!上杉謙信「先のことは考えず」の意味とは?の記事です。 【上杉謙信】 「先のことは考えず、目の前のことに全てをかけろ」 戦国武将の名言に学ぶ!上杉謙信「先のことは考えず」の意味 こ...
日本史偉人名言集

戦国武将の名言に学ぶ!大谷吉継「契りあれば六つの」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!大谷吉継「契りあれば六つのちまた」の意味とは?記事です。 【大谷吉継】 「契りあれば六つのちまたに待てしばし 遅れ先立つことはありとも」 戦国武将の名言に学ぶ!大谷吉継「契りあれば...
日本史偉人名言集

戦国武将の名言に学ぶ!徳川家康「先に行くあとに残るも」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!徳川家康「先に行くあとに残るも」の意味とは?の記事です。 【徳川家康】 「先に行くあとに残るも同じこと 連れて行けぬをわかれぞと思う」 徳川家康の辞世の句って凄く心に響きますね。 単純な...
日本史偉人名言集

戦国武将の名言に学ぶ!島津義弘「春秋の紅葉はついに」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!島津義弘「春秋の紅葉はついに」の意味とは?の記事です。 【島津義弘】 「春秋の紅葉はついに留まらず 人も虚しき関路なりけり」 戦国武将の名言に学ぶ島津義弘「春秋の紅葉はついに」の意...
日本史偉人名言集

日本人偉人名言から学ぶ!森鴎外「馬鹿馬鹿しい」意味は?

日本人偉人名言から学ぶ!森鴎外「馬鹿馬鹿しい」意味は?の記事です! 【森鴎外】 これって名言なのかなぁ? でも、こういう事いう人っていないことはありませんけれど、 後世まで残っていますから、名言なのかなぁ? ...
日本史偉人名言集

戦国武将の名言に学ぶ前田慶次「そもそもこの無苦庵は」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ前田慶次「そもそもこの無苦庵は」の意味とは?の記事です。 【前田慶次】 「そもそもこの無苦庵は孝を詠むべからき親もなければ憐むべき子も無し。 心は墨に染ねども、髪結いが難しさに、つむりを...
日本史偉人名言集

戦国武将の名言に学ぶ!伊達政宗「曇りなき心の月をさき立てて」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!伊達政宗「曇りなき心の月をさき立てて」の意味とは?の記事です。 【伊達政宗】 「曇りなき心の月をさき立てて 浮世の闇を照らしてぞ行く」 戦国武将の名言に学ぶ!伊達政宗「曇りなき心の...
日本史偉人名言集

戦国武将の名言に学ぶ!石田三成「筑摩江や芦間に灯す」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!石田三成「筑摩江や芦間に灯す」の意味とは?の記事です。 【石田三成】 「筑摩江や芦間に灯すかがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり」 戦国武将の名言に学ぶ!石田三成「筑摩江や芦間...
日本史偉人名言集

戦国武将の名言に学ぶ!織田信長「攻撃は一点に集約しろ」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!織田信長「攻撃は一点に集約しろ」の意味とは?の記事です! 【織田信長】 「攻撃は一点に集約しろ 無駄な事をするな」 戦国武将の名言に学ぶ織田信長「攻撃は一点に集約しろ」...
タイトルとURLをコピーしました