字と諱の読み方はアザナと イミナ!意味は?戦国時代は諱変更が出世の証

アザナ(字)と イミナ(諱)

4775bc1dd5b4bd2806b4c9230e69b196_s

幼名はね、きっとおまじないなんです。

そのおまじないが叶った時、初めて神様に返すんですよね。

「ありがとう、無事に大人になれました」って。

大人になってからの名前は二つあります。アザナっていう「通称」とイミナっていう「本名」です。

漢字で書きますとね、「字」アザナと「諱」イミナって呼びます。

 

昔の人って必ず、皆さん持っていたアザナとイミナです。

理由はね、イミナって神聖な物だから、簡単に呼んではいけません。

暴れん坊将軍が良い例ですけれどね。暴れん坊将軍ではありませんね。

徳川吉宗です。吉宗に向かってね、「吉宗様」って呼ぶ人物っていません。

「上様」ですよね。肩書、敬称で呼びます。

 

基本的にね、イミナって天皇から位を頂く時、公文書に署名するって

いうくらいしか使わないんですよね。

アザナは代々同じ名前を名乗る事が多いですからね。

亡くなったら、イミナですね。

現に教科書に載っています名前って「イミナ」ですから。

 

楽天市場

基本的に漢字二文字です。

名前は代々受け継がれて来ました大切な物ですからね。

同じ漢字が必ず上につけるのですけれど。

下の名前は縁担ぎです。

 

戦国時代に入ってからは。

この頃からは、主君ですよね。

一字貰って上につけるの。家代々の字は下です。

イミナが変わった時、初めて出世しましたっていう証っていう事です。

主従関係が変わったっていう事ですね。

上杉謙信みたいな異例もありますけれどね。

謙信って「法号」ですから。「長尾景虎」です。

養子に入って「上杉」っていう人には色々ありますから。

 

まとめ

名前って本当に神聖な物なのです。昔の人も今の人達に取っても。

そもそも、元服してからね、イミナが変わっていませんでしたっていう事は、

「恥ずかしい」っていう事です。出世出来なかったの?って。

そうあんまりいないですけれど・・・ですね。

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ