幕末の人斬り?中村半次郎(桐野利秋)西南戦争逸話!日本刀剣術最強?

2851011556_b38c93d092_z

中村半次郎は人斬りって言われているけれど、これは違うんだよ。

河上彦斎もそういう感じだったよね。

中村半次郎は、薩摩藩の命令で、赤松小三郎を斬ったっていうだけなんだけど。

何故、人斬りになっているのかなぁ?

謎多き事山の如しです。

 

赤松小三郎は拳銃だったんだよ。でも、中村半次郎は、

構えた時には斬っているくらいの剣の達人だったって。

そこまで有名になると、人斬りになるのかなぁ?

とにかく剣術には優れていたみたいだけど…。

 

楽天市場

新撰組さえも恐れた人物

あの新撰組がね、「中村には手を出すな!」っていうくらい

凄く恐れられたっていうお話があるんだよ。

近藤勇だけが、「危険人物」っていう事で恐れていたのかも知れないって思うけれどね。

 

中村半次郎改名

桐野利秋に改名した中村半次郎は、薩摩藩でも活躍するんだけどね、

薩摩藩は西郷さんがいたよね。

西郷隆盛を尊敬していたっていう美談があるくらい凄いって思うなぁ。

でも、まさか西郷さんをっていう事件が起こる事はきっと、

それが起こるまでは予想もしていなかった、桐野利秋。

 

西郷隆盛の最期

西郷隆盛の生涯が終わった事件は「西南戦争」

でも、この西南戦争の別名は「桐野の戦争」とも呼ばれているんだよね。

勿論、逸話だよ。

西南戦争って大きな戦争だったんだよ。

人一人動いても何も起こる事はないから。

でも、桐野利秋に汚名がかかってしまったっていう事件です。

桐野利秋は、西郷隆盛を護るけれど、

結局西郷隆盛も桐野利秋も亡くなってしまった事件です。

 

楽天市場

まとめ

桐野利秋は生前、日記をつけていた中で、「赤松っていう人物を斬った」

っていう記載が残っているんだけどね、

これは人斬りではないっていう意味合いにも取れるって思うよ。

人斬りはきっと、誰を斬ったっていう事自体覚えていないって思うし、

日記に記載何てしないって思うなぁ。

命令に従っただけって思うけれどね。

でも人斬り。

 

これは何で人斬りって言われているのかなぁ?

薪を空中にあげて、8回斬るっていう事が出来るくらいの剣の達人だったから?

西郷さんを巻き込んだっていう「西南戦争」の汚名があるから?

私にはきっとわからないままの方が良いんだって思うなぁ。

人の人生はオセロの様に、白から黒に変わる事もあるんだよ。

 

ただ、一度黒に変わったら、白にはなかなか戻せないのが、人生だって思うからね。

人の人生はいつ変わるかわからないから、人は「白」を守るっていう事何だって思うから。

人斬りに桐野の戦争。

事実ではない事も、言葉はどうにでも返せるオセロみたい。リバーシです。

切ないね。

 

関連記事

 

幕末人斬り最強?河上彦斎(伝説の人斬り彦斎)るろうに剣心のモデル?

【日本刀への想い】妖刀とか人斬りと言われる村正、岡田以蔵がかわいそう。

幕末人斬り最強?岡田以蔵は純粋な人斬りって本当~!!以蔵逸話

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ