戦国無双・真田丸でも大活躍の本多忠勝!手が滑って小さな切り傷が

かすり傷一つ無し:本多忠勝~第三部~

eb8ba458aa0ad3297b02a0f247c5e08e_s

本多忠勝は、関ヶ原の後、三重県桑名の藩主になります。

三重県桑名って聞いた事があるよね。「妖刀」ってなぁに?

本多忠勝は桑名城を改修して、城下に「慶長の町割り」をした事によって桑名藩の

名君って呼ばれていたらしいんですよね。

 

世代交代

戦乱の世も終わりを告げる頃、本多忠勝は江戸幕府から遠ざかれて戦いんです。

武功派の本多忠勝はね、もういらないって。

争いがないから。

切なくて、冷たいのが世の中っていう所だけは、今の世の中も受け継いでいます。

 

隠居生活

家督を嫡男の本多忠政に譲って、本多忠勝は隠居生活を送ります。

本多忠勝:大きな戦から小さな戦まで合わせて計57戦。

かすり傷一つ言わなかったらしいです。

隠居生活にも慣れて、仏像に小刀で名前を彫ったんだよね。

うっかり手が滑って指に小さな切り傷が・・・。

唯一の傷って呼ばれています。

63歳でこの世を去った本多忠勝です。

切り傷が致命的に…ではないですけれど。

 

まとめ

何だかむなしく思ってしまいますね。要らなくなったらさようならって。

どこまで腐っているのホトトギス

外しました。

でもそう思いませんです?

だって、みんな大好き「本多忠勝」ですよ。(みんな大好きなのかなぁ?)

正論って思う事でもね、もう少し人には「思いやり」を持って欲しいって思います。

綺麗事に取れる事は、そういう事が当たり前になっているっていう事に気付いて

欲しいって思っています。

別に「本多忠勝」が好きっていうわけではありませんけれどね、

最後の傷って、そこまで衰えていたっていう事にも思えるから。

人は宛に出来ないっていう事は、宛に出来る事をしていないからって思う私ですけれど…

因果応報って必ず返ってくるんですよね。

だから、幕府は滅びましたって…ね。

 

関連記事

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ