本能寺の変!真実黒幕は歴史の謎。織田信長の考え方簡単に言うと

本能寺の変!真実黒幕は歴史の謎。織田信長の考え簡単に

 

Print

 

謎です。分かりません。お、終わってしまいました。

実際冷静に考えますと、明智光秀が織田信長と本能寺にいたっていうわけですけれど、

織田信長と明智光秀の考え方は多分こんな感じかなぁ?

 

明智光秀の性格

基本的に明智光秀って「真面目」でしょうか?いやいや、何故問うの?

真面目だったっていうわけです。

そのね、真面目っていうのは、「忠誠心が強かった」っていう意味の真面目ですよ。

だからこそ、織田信長はね、明智光秀には期待して、

それに応えていたからこその恩賞とか、元々浪人の明智光秀を「重臣」にまで

格上げしているんだよね。

織田信長からすれば、少し息苦しそうにも取れそうですけれど、

絶対勝利の信長さんは多分です。「明智光秀を嫌いでもないけれど、

好きでもないんだよ。

でも、活躍する事の能力は棄てがたい」っていう何か長いけれど、

そういう気持ちって思っています。

 

ところがです。

ここくらいからね、明智光秀の存在感が薄くなっていったって

思っているんだよね。←私は何様でしょう?

 

羽柴秀吉の存在

この人物の存在感ですね。

羽柴秀吉はね、織田信長の機嫌取りがとても良かったんだよね。唄って、踊って、土産物。

機嫌取りも上手だから、天下取りも上手でした。←外しました。

それだけなら良いんですけれど、独自で色々試行錯誤して戦でも活躍しているでしょ。

更に言うと、本能寺の変辺りからね、急激に活躍していっているんだよ~。

そのお陰で、明智光秀の活躍は激減したっていうわけで…。

 

完全能力主義の信長

織田信長っていう人物はね、自分自身で試行錯誤して来た人物ですからね。

もしかすると、秀吉もそういう真似を独自で考えてやって来た

人物なのかもって思ってしまうけれど・・・。

使えない者は切り捨てるっていう事で有名な信長ですから。

過去に何人の重臣達が、棄てられたり、左遷されたりしました事かなぁ?

明智光秀もそういう気持ちは多分ね、あったって思うよ。

本能寺の変では、明智光秀は結局何も出来なかったけれど…。

 

まとめ

歴史上で一番謎な本能寺の変ですけれど、って一番なの?

でも謎だもん、本当はどうなの?って思うけれどね、不思議って思うよね。

生きていれば、きっと天下を取っていたかも知れないって思っています。

簡単には天下って取れないんだよ。

天下人に一番近い人物の織田信長ですからね。

織田幕府・・・良い響きですね。

夢は届かなかった信長ですけれど、自分自身に厳しく、

危機を独自で切り抜けた信長の想いは、秀吉が天下統一して叶えていますから。

そうでも思わないとね、信長がかわいそうって思ってしまう私です。

甘い戯れ言ですけれど…ね。

戦国時代ですから。運命で終わってしまう儚い現実でも、そう思いたいんです。

やっぱり私は甘いって思いますけれど…イヤになりますよ。こういう自分がです。

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ