おんな城主直虎ネタバレ!井伊谷三人衆と小野政次・井伊直虎の関係と生涯

おんな城主直虎ネタバレ!井伊谷三人衆と小野政次・井伊直虎の関係と生涯

井伊谷三人衆は井伊谷の領地を治めていました三人の事です。

「近藤康用」「菅沼忠久」「鈴木重時」

 

井伊直虎とは

井伊家は不運に見舞われ当主、家臣達は次々殺害されていきます。

井伊家の存続、虎松の叔母として次郎法師が還俗しまして当主になりました。

この人物が「井伊直虎」です。

 

楽天市場

徳政令とは?井伊谷三人衆と小野政次・井伊直虎の関係は

井伊直虎は永禄11年に徳政令を出します。これでひと安心ではありません。

小野政次の裏切りによって「井伊谷城」を奪われてしまうのです。

そこで、井伊谷三人衆とのちの主君「徳川家康」の力を借りて井伊谷城を取り戻しました。

井伊谷三人衆は「被官」です。

被官:大名直属の武士、上の者に直官する人の事ですけれど・・・。

 

その後の井伊谷三人衆ですけれど

徳川家康に仕えました。

家康に取っては「甲斐」「三河」「駿河」は隣国でしたから、どうしても大切な土地でした。

そこで邪魔な人物は「今川家」

でも~井伊家は今川家に支配されて、忠誠心の固まりでしたから。

それでも手に入れたい徳川家康は、「井伊谷三人衆」に目をつけて、遠江侵略を狙います。

 

家康も考えますね。

井伊谷三人衆を誘っても当主が違いますから簡単には来ません。

そこで家康が初めに目をつけました人物は「菅沼定みつ」です。

今川家に居城を奪われました武将ですけれど。

家康はこの人物「菅沼定みつ」を利用して、井伊谷三人衆に近づくことに成功します。

 

楽天市場

 

まとめ

元々は井伊家の被官です。

のちに家康の「遠江侵略」に仕えることにはなりますけれど・・・。

その際、「鈴木重時」は戦死しています。

家康は「曳馬城」の陥落に成功します。

曳馬城は今の浜松城の事です。

浜松城は家康に取って、縁のありますお城なのです。

大河ドラマ「おんな城主直虎」でも有名ですね。

オマケです。

何故「浜松城なの?」

元々は「曳馬城」でしたけれど、

「曳馬」っていう名前は「馬を引く=負け戦」っていう縁起が悪いイメージでしたから

「浜松城」に改名しました。

 

こちらもどうぞ

直虎関連の記事です。

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ