戦国時代の智将最強は黒田官兵衛(ドラマで軍師官兵衛)かな?

黒田官兵衛って運無き人生

382549

黒田官兵衛は頭が凄く良かったんだけど、逆にそれが災いして、

警戒される生涯だったっていう事なんだよね。

当時、織田信長は毛利輝元と戦をしていたんだけど、高松城攻めが有名かなぁ?

高松城って周りが大きな川だった事を利用して、高松城を水攻めしたり、

三木城を竹中半兵衛と落城させているけれどね、この三木城の時に「兵糧攻め」をして、

幽閉させているんだよね。

 

楽天市場

天下に導いたから警戒される官兵衛

黒田官兵衛は色々な戦略で活躍していた人物だけど、

高松城水攻めの時に「本能寺の変」が起こるっていう主君を失うんだけどね、

ここで疑問点が起こるって思うなぁ。

羽柴秀吉を天下にって進めるんだよ。

何故、そうなるの?って不思議なんだよね。

 

自分がなれば良いって思うんだけど、

そういう事がのちの豊臣秀吉に警戒されてしまう事に繋がって行ったって思うよ。

黒田官兵衛は色々と逸話がある人物だけどね、

織田信長、豊臣秀吉に忠義的な所は凄いって思うなぁ。

左遷させられても九州で天下を取ろうってするんだけど、失敗に終わってしまいました。

黒田官兵衛は天下を取るっていうタイプではなくて、

今でいう「縁の下の力持ち」っていうタイプかなぁって思っています。

 

楽天市場

まとめ

不思議って思うのは、黒田官兵衛って大河ドラマにもなったけれど、

出来れば、黒田官兵衛、竹中半兵衛って「ニ兵衛」ドラマをやって欲しかったかなぁ。

頭が良すぎても難しい世の中だったのは、逸話かも知れない、

「源義経」を思い出してしまいました。

息子の長政も忘れないでね。

黒田親子だから。

 

でも、豊臣秀吉を天下に導いた人物っていう事は確かです。

それが原因で、運無き人生を歩む事になるって、何だか虚しいって思っています。

あの豊臣秀吉よりも、才能はあったって認めているんだよね。

それだけ凄い人物だっていう事は、

左遷している豊臣秀吉が一番分かっていたっていう事かなぁ?

 

でも、何回も記載するけれどね、天下人にはなれないって何故なのかなぁ?

そう思っています。

あ、因みに「軍師」っていうわけではなかった黒田官兵衛です。

「軍師」っていう言葉は当時無かったから、「交渉人」って言う方が正しいって思うよ。

改名はたくさんしているけれど、黒田官兵衛で通しました。m(__)m

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ