おんな城主直虎の生涯あらすじ感想!井伊家は今川家に取っては邪魔?

347053

おんな城主直虎の生涯あらすじ!

井伊家は今川義元に取っては邪魔だったの?

幼名を「おとわ」。

これから始まる人生がどう展開していくのかなぁ?って思うけれど、

既に運命は切られてたっていう「おとわ」さんです。

 

楽天市場

目をつけていた今川家

井伊家、すなわちこれって「井伊」っていうのはね、

「井伊谷」に本拠地があったっていう不運があったっていう事なんだよね。

歴史は平安時代から続く「井伊家」ですけれどね、戦乱の世っていう命運が

「今川家」に握られていたっていう事です。

 

何故、今川家なの?

だよね、そう思うよね。

今川家って言えば凄いんだよ。

桶狭間の戦い書いちゃったから余り凄いっていうイメージが無いって思ってしまうけれど・・・。

大名ですから。しかもたくさんの各地方との大名さん共、お友達です。

お友達って・・・。

「武田家」に「北条氏」等々、勢力から考えても勝てないくらい大きな有名な「今川家」。

 

織田信長って運が良かったっていう事です。

あの織田信長でさえも絶体絶命の不利を「幸運の雨」とね、「信長の作戦」、

「それについて来た家臣達」に寄って勝てたくらいですから。

今川義元が指揮を取ったのが初めてっていう事もあったのかも知れないけれどです。

 

今川家って・・・静岡出身です。

井伊家も同じ静岡県です。

西部の辺りが「井伊家」で、この場所っていう事は、

「井伊家」に取っては好都合なところだったっていう事かなぁ?

 

静岡県西部って・・・。

当時はね、国の端っていう所は地侍さんに取っては最高の場所って思って頂けると嬉しいです。

他国からのお誘い、嫌なら直ぐに裏切れるっていう事なんですって最低なイメージですけれどね、

良いって思う主君に会えるっていう事、

出世出来るかも知れないっていう感じの場所っていう事ですよ。

 

勿論、こういう好都合なところを逃すはずが無い「今川家」ですからね。

井伊家も同じ事を考えていたっていう事何だけれど、

勢力的に「今川家」には劣ってしまうっていう事は、もうわかるよね。

この時には、「今川家」に翻弄されながら生きて来た「井伊家」なんです。

 

そして、その強さは圧倒的で、井伊家は今川家に取っては邪魔な存在。

井伊家の男性達は、次々に謀殺、戦死してしまう運命を辿って行ったっていう事です。

事実、この「おとわさん」事、「井伊直虎」が地頭になりましたっていう期間、約30年です。

その間に、「井伊家」は一時ですけれどね、途絶えているんです。

そういう分けで、「直虎さん」が途絶えさてはいけないっていう感じに運命が

そうさせたっていう感じですね。

 

楽天市場

まとめ

今川義元って私は嫌いです。

豊臣秀吉も嫌いですけれど、豊臣秀吉の場合はね、

信長時代の努力があったから良いんですけれど、

今川義元は・・・織田信長が小説でも言っているけれど、

「金で地位や名誉をもらう程度の将軍なら、こっちから断る」

っていう感じだけにその通りになった今川義元ですけれど、

井伊直虎って本当に大変な運命の下で頑張って来た人物ですので、

切ない生涯って思ってしまいます。

まだまだ序盤ですよ、これって井伊直虎齢5歳の時の出来事ですので…

 

直虎 関連記事

 

戦国武将名言 関連記事

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ