おんな城主直虎の生涯あらすじ感想!出家おとわ改名「次郎法師」

249106

おんな城主直虎の生涯あらすじ感想!

ある決断をするんですけれどね。

跡継ぎがいないっていう事は「井伊家」壊滅してしまいますから。

直盛さんに子供が(男の子)出来なかったら、

傍流の井伊直親を跡継ぎにするっていう事です。

お相手は勿論、「井伊直虎」です。

直盛の娘ですね。

こういう拗れる井伊家の中で猛反対する「家老:小野和泉守道高」さんです。

 

楽天市場

更に不幸は続きます。

もうこれってね、不幸っていう問題ではない様な気がするんですけれど。

この小野和泉守道高はね、今川家の忠臣っていう事です。

色々な説がありますけれど、早い話が「井伊家」を追い込む内容を

次々に語っているっていう事なんですよ。

 

色々ある中で、お一つ

要するに、井伊家に代わって、小野家の領主を狙っていたの?っていう発言。

「自分の息子が婿にふさわしい。」

これって「井伊家」壊滅状態に持っていっている発言だって思いますけれど・・・。

今川義元には、「井伊直平の子の直満、直義兄弟が、内通している」って議言ですから。

お相手は「武田信玄」っていう「今川義元」に取っては恐怖心が起こりますよね。

あの武田信玄ですから。

 

無念の井伊兄弟

当然ですけれど、今川義元に弁明する為に、今川義元の本拠地駿河っていうとね、

今の静岡市ですけれどね。直満、直義兄弟は・・・切腹させられましたです。

今川義元って最低。

「我々は無実で。今川義元を呪い殺す。」

辞世の句は叶わない儚い空に舞い散った空はこの時、

きっと紅くて美しいって言いたいんですけれど…暗黒の廃墟の中でただ、

もがけばもがく程、絡まる蜘蛛の糸状態にされたっていう事ですね。

 

不幸は続くんです。

世の中って不公平って思います。

運が良いっていう時は直ぐに終わるんですけれどね、

不幸(不運)って長いって思いますよね。

不思議現象です。

 

更に、直満の子えっと、従兄弟ですけれどね、直親にも殺害命令が出るんですよ。

今川義元は早く桶狭間に行って信長にやられて来て欲しいって思っています。

今川腹立つね。

逃亡生活が始まります。

 

実際は生きていたんですけれどね。

逃げの小五郎並みの逃亡生活を何とか脱出って言うのかなぁ?解放?されていたのです。

松源寺に感謝です。

 

井伊直虎出家

ここくらいから「大河ドラマ:井伊直虎」多分ですけれど…

深く切ない生涯が見えて来るかなぁです。

直親が生きてるって言う事は勿論知らない直虎です。

許婚の死を聞いた直虎は、世の中に絶望するっていう事です。

 

小野和泉守道高の息子との縁談を断って、直親への愛を想い儚く散った舞い散る花は、

断髪をして、龍潭寺の住職の元を訪ね、出家を願います。

きっとこの時の直虎には、もう何もかも忘れたかったって思います。

同じ女性だから分かる事もあるっていう事です。

 

涙が出て来てね、上手に書けませんです。

元々、知識はあっても、文章力がない私は、

論文も何回も書き直しですから。←個人的なお話はいらないですね。すみません。

 

楽天市場

実は知っていた直虎の両親

井伊直虎が愛する人、井伊直親が生きてるって知っていたのです。

出家に反対をしますけれど、まさか「直親の死で出家する」までは

想像していなかったって思いますから。

その上、「女性」っていう事もありますので。

 

ここから、おとわさん改名

「井伊家存続の為、出家する人物はおなご(女性)にこそあれ」

っていう良く分からない井伊家の伝えみたいな物があるんですけれど、

井伊直虎はそういう事で出家する事になったのです。

「次郎法師」誕生ですけれど、これがまさか太原雪斎の「策」っていう事は

この時の直虎には分からない事です。

 

まとめ

太原雪斎っていう人物は、今川軍の指揮を取っていた人物ですね。

桶狭間の時には、亡くなっていましたから、

今川義元が指揮する事が信長を有利に有利に持って行ったっていう事ですけれど。

詳しくは、桶狭間の戦いを読んで下さいね。

切ないですよね。

これから先どうなって行くのでしょう。

 

直虎 関連記事

 

戦国武将名言 関連記事

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ