【真田丸】小野お通(於通:八木亜希子)謎多き才女!信之との関係って?

謎多き才女小野於通。

1178a69edde5f76b023090d2e76b1092_s

この人物は謎多き人物なんだよ。

真田信幸の妻、「小松姫」が亡くなる前にいった言葉。

「そろそろ京の人を迎えに行ってみてはどうですか?」

結局年齢的にも無理があったんだよ。

でも、時に歴史は残酷で、お通ちゃんに出会ってしまう運命だったのかなぁ?

う~ん、どうしても銀魂の「お通ちゃん」と被ってしまうんだよ~。

 

楽天市場

お通ちゃんとの出会い

大坂夏の陣で、真田信繁を討死したって江戸藩邸から聞いた真田信之。

信じられないって思う信之なんだよ。

でも、沼田城に戻ると鈴木忠重が何故かなぁ?

京都のお通ちゃんから預かったっていう真田信繁の遺髪を沼田に届けたっていうんだよ。

 

これは「真田太平記」にも載っているんだけどね。

問題はお通ちゃんって誰?っていう事になるんだよね。

基本的にお通ちゃん情報は少ないだよ。

ただ、美濃の侍で斎藤道三の家臣っていう情報。

小野正秀の娘、浅井長政に仕えて浅井茶々に従ったっていう事。

 

その後は織田信長に仕えた小野正秀は、

明智光秀の本能寺の変で森蘭丸達と討死したって言われているって、

真田昌幸も同じ元、織田信長の家臣だったんだよ。

お通ちゃん情報は謎が多いね。

お通ちゃんはその後、京都で学問や技芸を教えられたって言われているんだよ。

 

でもね、近衛信尹の家来、渡瀬羽林らしき人物と結婚したの?再婚かなぁ?

っていうくらい謎多き才女なんだよ~。

でも、九条っていう人物に和歌を学んだ才女で、織田信長、豊臣秀吉、

あとは、豊臣秀吉の正室、北政所の側近待女だったんだって。

そして、待女達の教育係でね、醍醐の花見に呼ばれたっていう事は本当みたいなんだよね。

 

徳川家康からも?

徳川家康からも信頼があったっていうお通ちゃん。

でも、出自、生い立ち、生涯は謎が多いんだよ。

でも実在はしたんだよ。

宮中で学問や和歌を教えていたり、京の文化を通じた教養のあった人物なんだよ。

 

楽天市場

 

まとめ

何故かなぁ?お通ちゃんのお墓がね、真田信之のゆかりの江戸にあるんだよ。

もしかしたら、松代藩主、真田信之の側近だったのかなぁ?

気になるのは、小松姫の言葉。

 

お通ちゃんを側近にっていう様に勧めたっていう事だったのかもね。

そして、小野淤通は真田信之の側近になったの?

ならなかったのっていう答えは信之のみ知っている事で、

お墓があるっていう事はね、きっと力になったって私は思いたいなぁ。

 

謎多き才女お通ちゃん。格好いいね。そんな女性に私もなりたいな。

真田信之は93歳まで生きている、明治を見た人物だからね。

真田家って長生きしてる人って多いんだよ。

お通ちゃん情報が少ないからね、謎多き才女で良いって思うよ。

 

関連記事

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ