阿部サダヲの竹千代は無理がある?家康の人質時代は優遇?直虎感想!

阿部サダヲの竹千代は無理がある?家康の人質時代は優遇?直虎感想!

【徳川家康の幼少期時代】

大河ドラマでの流れはきっとこういうイメージを参考にしているって思っています。

 

楽天市場

直虎感想!阿部サダヲの竹千代は無理がある?史実は?

阿部サダヲの竹千代(家康子供時代役)はちょっと無理があるが、かわいいですね。
それはさて置き、徳川家康の幼少期の名前は「竹千代」です。
三代目将軍徳川家光も同じですけれど、この家康は三河出身っていうことですけれど、本当はわかっていないっていう現実です。

駿河にいましたから、静岡説も実際は多い人物なのですけれど、多分です。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は天下を取っています。そして、織田家にも人質になっていますから、「三河出身」で統一されたのかも知れません。
本当に三河出身なのかも知れませんっていうくらいすごくややこしい人質人生でした。

 

なぜ人質に?

これはきっと一番知りたいって思いますけれどね。
徳川家康(竹千代ですね。)は「松平広忠」の嫡男です。岡崎城で生まれました。
岡崎城は愛知県ですから、三河出身ですけれど、母親を三歳の時に亡くしています。

そして生まれた時代が不運で、松平家は、織田軍に襲われていたっていうことです。
松平家の当主が竹千代のお父さんになりますけれど、松平家に立ち向かう力等ありませんでしたから、援軍を頼むことしか出来ない状態でした。
その頼みました相手が「今川家」っていうことです。

 

六歳の竹千代ですけれど。

竹千代を養子に出して援軍を頼むのですけれど、護送中に織田軍に誘拐されています。
だからね、「松平家」と「織田家」は仲が悪かったっていうことです。
そして、松平家には力がなかったっていうことで色々今川家に援軍を頼むのですけれど、織田家に誘拐されて2年間人質生活を送ることになってしまいます。

複雑ですけれどね、この誘拐がのちに織田信長と同盟を結ぶことになるのですけれど、現段階では、織田家は今川家と戦うことになるのです。
家康のお父さん、「松平広忠」が早死していますから、「三河国」は今川家のものになってしまいます。

家康っていう表現が良いのかなぁ?竹千代っていう方がですのかなぁ?って迷いますけれど、この時点では竹千代ですけれどね。
出身が定かではないことはきっと当時は「地図」ってありませんでした上に織田家に誘拐されていますから、ハッキリ「愛知県出身です」とは言えないところが歴史の難しいところって私は思っています。
さらに養子に出されていますから、三河っていう表現は正しい様で、難しいところなのですよね。

そして、三河国を掛けて、織田軍と今川軍がぶつかるのです。

 

楽天市場

 

徳川家康の幼少期時代~その後~

松平家当主の父:広忠の死があったことから、三河国は今川家のものになってしまいます。
竹千代八歳の時の出来事です。

でもまだまだこれだけでは終わらない竹千代の不運は続きました。
織田信秀との戦いが続き、今川家は織田家に勝利します。
六歳からの二年間織田家で過ごしていた竹千代ですけれどね、今度は今川家に人質になって十九歳まで今川家で過ごすことになるっていう悲劇ですね。

っていうあらすじが一般的ですけれどね。

 

簡単に

松平家と織田家は元々仲は良くないのでした。松平当主の息子は竹千代です。
父:広忠は織田家との戦いで亡くなっていますけれど、松平家と織田家との戦いは何度も行われ、松平家だけではとても難しいって判断した父:広忠は援軍をお願いする為に「今川家」を頼ります。その時の条件が「竹千代を引き渡す」っていうことです。

竹千代は駿河に送られましたけれど、竹千代の経母が父親に頼んで、織田信秀に千貫文で売っていますから、織田家に竹千代は二年間いたっていうことです。
その後の松平家は、織田家に屈しることなく今川家の家臣でいたのですけれど、今川家の家臣:大原雪斎が信長の兄の城を攻めて、人質交換して結局は竹千代は今川家です。

もう何か結果的に同じですけれど・・・。
19歳まで今川家に人質生活を送っていた竹千代です。

 

まとめ!家康の人質時代は優遇されていた?

結果的には、母親の愛情を知らない、父親には裏切られた家康っていうことから、半生は悲惨でしたっていうことですけれど➰(T.T)
実際には今川家に人質生活を送っています竹千代って悲惨だったのですか?って思いますね。

母親は三歳で他界して、父親は裏切りに8歳で戦死していますから。
私は不幸ですねとは思えないのですけれど・・・。
織田家では自由気ままな生活を送っています。
今川家は家臣達は竹千代を厳しくしていますけれど、今川義元が「好きにさせてやれ」の愛情です。

この愛情には将来自分の家臣にさせる為の計画ですけれどね。
だからこそ、竹千代は元服して「松平元康」っていう今川義元の一文字をもらっています。決して不幸には思わないのはきっと私だけですけれど。
なぜならそれを幸か不幸か判断するのは、竹千代自身ですから。

こういう贅沢が出来たからこそ、家康はこれ以上の贅沢はないって思い、ケチな人物って誤解を招くことが多いのです。
家康が不幸な幼少期を送ってはいなかったっていうことは歴史が証明しています。
学も武もない人物が約260年も幕府を続けました以前に、きっと天下は取れなかったって思いますから。

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ