真田昌幸は表裏比興者!徳川家康に最も恐れられた優れた軍略家

真田昌幸は比興者なんだよ。

f6608e144bcc48d2b665fa05103b353b_s

真田幸隆の三男の昌幸さんが呼ばれていた「表裏比興者」って。

簡単に言うと「掴み所がない」っていう事かなぁ?

頭が良かったからね、優れた軍略家っていう意味なんだけれどね。

でも、そういう人物って色々苦労があるんだよね。

領土を守る事を掛けて生きて来た人物だから。

 

武田家でも大活躍した武将です。

多分ですけれど、今の世の中にいたとするならね、

きっと簡単に社長くらいにはなっているって思いますよ。

時代が時代だったから、運がなかった人物ですけれど・・・。

 

楽天市場

たらい回しされる昌幸

跡取りがないっていう事で、「武藤家」の養子になって「武藤喜兵衛」って名乗ったんだよ。

でも、武藤家は又って思うけれどね、良く出てくる「武田家」

この時代は上杉と武田の争いの最中だったからね。

武藤家は武田家からお嫁さんを迎えて親族になったんだよね。

多方面で活躍した「武田家に仕える武将」っていう事になるんだよ。

 

長篠の戦いが運命を分ける

武田二十四兵に選ばれるまでになった昌幸。って、お兄ちゃん達も~?

お兄ちゃんの信綱、昌輝もいたんだよね。

でも、この戦いで、お兄ちゃん二人戦死しているんです。

武田信玄死後の戦いですよ。

長篠の戦いの相手が悪かったんだよね。

 

織田家と徳川家の連合軍が相手だった為、結局は負けるんだよ。

武田家衰退の切っ掛けになってしまったんだよ。

「ここテストに出るから、覚えておいてね。」

昌幸の方は生きていたけれど、兄を失ったから、家督を継ぐ様に「真田家」に戻るよ。

 

武田勝頼が武田家を継ぐんだけれど・・・。

真田昌幸は武田勝頼に呼び出されて活躍するんだけど、

やはり衰退していく運命には勝てなかった武田軍。

織田、徳川、北条に狙われる運命を歩む武田家。

結局、武田軍滅亡してしまうんだよ。

 

次なる主は織田信長

織田信長の配下になって活躍する昌幸はきっと運無き人物だったのかも知れないって思います。

本能寺の変が起こってしまったから、織田家も滅亡してしまうです。

主君に恵まれない真田昌幸は、考え方を変えるんだよ。

 

真田家として活躍する昌幸

旧武田軍を集め小さいけど、勢力を伸ばしていったんだよね。

砥石城を得る事に成功して活躍していくんだよ。

織田信長に取られていた沼田城も取り返しに成功。

長男の信幸も活躍して岩櫃城は片腕の信幸に任せる事にした昌幸です。

 

徳川家との対立

真田家と言っても、まだまだ小さかったのに対して、

問題点は「上杉家」、「北条家」、「徳川家」をどうするかっていう事なんだけどね。

潰し合いを願いたい真田家に対して、動き出したのが、上杉家。

そこで、昌幸は上杉家に臣従するんだけれど北条家が有利と判断して

北条家に寝返りするんだよ。

 

何でこういう事をしたのって思うけど、真田昌幸は、

自分の所領を守る為に裏切って来たわけなんだよね。

強力な後ろ楯が欲しかったんだと思うよ。

でも、北条家は徳川家と和睦して「沼田城を北条家に割譲する事」

これが後に起こる「上田の合戦」に繋がっていくんだよ。

そしてこれ切っ掛けで、徳川家康と真田昌幸の仲も悪くなってしまうんです。

 

楽天市場

まとめ

真田昌幸は「武田家」、「上杉家」、「北条家」、「徳川家」、に臣従する事で領土を守り、

勢力を伸ばしていった人物だったんだけれど、そこで出てきたのが「豊臣秀吉」なんだよね。

裏切る度に又、臣従。

信用を得る為に、信繁は人質にされるって理不尽な事ではあったんだけれど、

上田の合戦を二度も勝利して、領土を守る事は豊臣秀吉に臣従する事に寄って保たれたけれど、

関ヶ原で流刑になってしまった運命。

 

でも、その領土をきちんと守った人物がいるんだよね。

真田信之が、無に終わったって亡くなった昌幸の代わりに受け継いでいるって、

本当の親子愛だったのかも知れないって思います。

名前は捨てても、真田の血は徳川家にいっても、受け継ぐ事はきっとそれだけ、

真田家を愛していたのかも知れないって思う私は素敵な事だと思っています。

 

最も恐れられた人物、真田昌幸。

あ、徳川家康にです。

真田家を代表する有名な武将だったっていう事は間違い無いんですけれどね、

真田軍を作る事が遅かったのかなぁって残念に思います。

豊臣家の勢力には先ず勝てない事も分かっていたって思う私です。

それくらいは機転が利く武将だったんだって思いますよ。

 

 

関連記事

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ