真田丸感想!きり(長澤まさみ)のセリフ「何を残した」感動的で素敵

大河ドラマ真田丸の感想

366854

う~ん。難しいよね。

あり得ない事が多いから。

でもあくまでも「大河ドラマ」だから、良いって思うけれどね。

何が良いの?ってなるんだけれど、フィクションばかりな所。

 

でもね、確かに美化されているけれど、

(きり役)長澤まさみさんの言葉には感動してしまいました。

「あなたは何を残したの?」って九度山下山決意のシーンは、素敵って思ったよ。

事実は「借金と子宝です。」とは言えないけどね。

武将としてのシーンだったって思っています。

 

真田信繁がどうとか、そんな事はしていないっていう事よりも、

なんだか自分自身が人生の大きな壁に当たった時に心強い言葉って思っているから。

本当は九度山下山は、お金の為に大坂城に行ったんだけどね。

戦力集めで呼ばれただけなんだけど…。

 

楽天市場

少し真田信繁がかわいそうかなぁ?

今、真田信繁ってスッゴく美化されているよね。

信繁の事を知っている人達は批判するよ。

私もその一人だけどね、余りにも批判が凄いから、かわいそうかなぁって思う私です。

 

何で美化されたの?っていうと、小説や漫画かなぁ。

「幸村」っていう名前が良いから?

真田信繁は大坂冬、夏の陣で徳川家康を死に追いつめたからなの?

でも、敵陣に乗り込むのは良いんだけどね、これはあくまでも「喧嘩」ではなくて、

「戦」っていう事を忘れていたって思うよ。

追いつめられた家康。

 

でも江戸城だよ。家康を守る護衛に囲まれるよ~。

一人で勢いよく突っ込んだ信繁は、護衛がいる分けでもなくて、

逆にピンチを迎えるっていうおマヌケな所が信繁らしいって思うけれど。

さすがに笑えないね。

 

楽天市場

まとめ

元々、三谷幸喜さんはコメディが得意って聞いたから、「コメディって、時代劇だよ?」

そう思っているので、相性が悪かったのかなぁ?って…。

確かに「真田信繁」は美化され過ぎているって思うけれどね、

でも、それを美化したのは、私達後世の人間っていう事を忘れないで欲しいかなぁ?

「真田信繁」が「真田幸村」って呼ばれ出したのも、死後の話だし、

生前は呼ばれた事がないよ。

 

呼ばれたのなら、江戸時代頃かなぁ?

「真田三代記」っていう物が人気があったから。

う~ん、「平家物語」みたいな感じ。

その中でも人気があったんだけど、「幸」っていう文字が入っているから。

「幸隆」「昌幸」「幸村」って。

「村」は姉村松の一字を使ったっていう感じだった様な?

そんな理由だったって思うんだけれど。多分…。

 

でも、名言聞くのも、良い事だって思っています。

生きていればね、挫折する事だってあるけれど、音楽を聴いたり、本を読んだり、

ドライブしたりするのと同じように、

名言って自分自身の人生のバックボーンになる事もあるって思うから。

バックボーンは、自分がやって来た事の意味合いだけど。

 

でもやっぱり気になるんだけれど、名前が格好いいからね。どうしても知りたいの。

実在した人物では無いけど、「猿飛佐助」って誰?

 

 

関連記事

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ