戦国武将の名言に学ぶ!伊達政宗「大事の儀は人に談合せず」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!伊達政宗「大事の儀は人に談合せず」の意味とは?の記事です。

496792

【伊達政宗】

「大事の儀は、人に談合せず、一心に究めたるがよし」

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!伊達政宗「大事の儀は人に」の意味

一番大切な事は人に相談してから意見を求める物ではなくて、

自分自身の意志で決める事って思って意味ですね。

この名言って、言葉が違うだけで、内容は誰でしたっけ?

豊臣秀吉かなぁ?内容が同じですよね。

人の意見を参考にしても上手くいかないから、自分自身の考えを行動すればね、

色々考えって浮かんで来ます。

先手を取る方が良いのかも知れません。今回は敢えて後手に回った方が

良いのかも知れないって。

実戦に置いてもね、対処法が出来るんですよね。

相手の出方って分かりませんから。

当然ですけれどね、こっちの出方も相手には分かりません。

そういう事を考えて行動する事って大切なんですけれど、

伊達政宗ってこれは豊臣秀吉の考え方と同じですね。

凄く残念な気持ちになっています。

自分自身の考え方を持って欲しいってちょっとガッカリさせられました。

 

戦国武将の名言に学ぶ!伊達政宗 まとめ

名言は名言ですけれどね、これは人の真似をして、

言い方を代えているだけですね。

認めたくはないですけれどね。

気付くの遅すぎました。すみません。

 

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ