戦国武将の名言に学ぶ!伊達政宗「曇りなき心の月をさき立てて」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!伊達政宗「曇りなき心の月をさき立てて」の意味とは?の記事です。

399980

【伊達政宗】

「曇りなき心の月をさき立てて 浮世の闇を照らしてぞ行く」

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!伊達政宗「曇りなき心の月をさき」意味

何も見えない真っ暗の中で、月の光を頼りに進むように、

戦国の先の見えない天下の趨勢を自分が信じた道を頼りにただひたすら歩いて来た

一生っていう感じです。

でも、片目は見えているんですけれど・・・。

伊達政宗って実際どうなのかなぁ?

強そうなイメージですけれどね、直江兼続とかに馬鹿にされても何も言わないんですよ。

それが武士ですって言われましたら、それまでですけれど・・・

でも、私が思うイメージはね、伊達政宗は対した武将って思っていません。

パフォーマンスでごまかしの人物ですから。

 

仕方のない事ですけれど・・・。

本当はね、もっと早く生まれていれば、違う人生だったって思っています。

きっと運がなかったのかなぁって。

自分でやり遂げないとねいけない時代ですから、伊達政宗ならやっているって思っています。

ただ、生まれて来た時にはね、もう基盤って出来ていました。

病気にも悩まされたっていう事が唯一の悔しさかなぁって。

きっとそういう運命でしたって思うしかないんですよね。

時代が時代ではありませんなら、もっとしっかりした人物になっていたって思っています。

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!伊達政宗まとめ

片目が見えないっていう事は不利なんですよ。

何故ならね、利き腕ってありますよね。

脳にも利き脳、目にも利き目ってあるんです。

右利きだからって必ずしも、脳が右っていう事はありません。

目も同じです。

そして唯一の決定的な片目の人物はね、遠近距離って取れないんですよね。

そんな中で、戦国の世を生き抜いただけでも、伊達政宗は凄いって思っています。

やった事はね、意味不明ですけれど・・・です。

本人の人生ですから、幸せだったの?不幸だったの?

っていう事は、伊達政宗本人にしかわからない事ですから。

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ