戦国武将の名言に学ぶ!豊臣秀吉「負けると思えば負ける」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!豊臣秀吉「負けると思えば負ける」の意味とは?の記事です。

e8235b4c4fcb839cafa73831e86bd4b2_s

【豊臣秀吉】

「負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。
逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし」

 

楽天市場

豊臣秀吉「負けると思えば負ける」の意味とは?

そのままですけれどね、これは事実ですね。

弱気で物事に取り組んでも絶対上手にいかないみたいに、

強気で何事も挑戦してみれば案外上手に物事が進む事ってありますから。

一種の自己暗示みたいに思います。

戦国時代ですから、こういう気持ちは大切って思います。

弱気ではね、実力の半分も出せませんから。

気持ちの持ちようにもなるんですけれど、

負けても勝つ気持ちがない限り、次には進めません。

織田信長を見ていた秀吉ならの名言って思います。

 

戦国武将の名言に学ぶ!豊臣秀吉

織田信長の家臣の時は存在自体無いような扱いでした。

こういう気持ちがあったからこそ前に進めれたのかなぁって思っています。

農民の家臣が天下を取るって絶対思わないって思いますよ。

やる気次第で、物事は作れますけれどね、その物事を実行して成功させるには、

強気な気持ちが必要って思います。

天下人の名言って凄いって感じさせられますね。

毎回そう思います。

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!豊臣秀吉 まとめ

戦国武将の名言に学ぶ!豊臣秀吉「負けると思えば負ける」の意味とは?まとめ

心の持ちようって大切なんですよね。

思い込みは良いんですけれどね、心配な事は、

自信過剰になりすぎてもいけないって思っています。

この境界線が難しいところなんですけれど、それを上手くやって行くっていうところに、

その人物の凄さが現れるって思っています。

名言ですけれどね、程々が良いかな?って私はそう思っています。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ