戦国武将の名言に学ぶ!黒田官兵衛「思いゆく言の葉」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!黒田官兵衛「思いゆく言の葉」の意味とは?の記事です。

基本 CMYK

【黒田官兵衛さん】

「思いゆく言の葉なくてついにゆく 道は迷わじなるに任せて」

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!黒田官兵衛「思いゆく言の葉」の意味

黒田官兵衛さんらしい辞世の句ですよね。

この世に思い残すことはもう何もない。

今は迷うことなく心静かに旅立つだけだ。

でも、関ヶ原で家康の命を息子に狙わせたのは何だったの?

私は常日頃思っている事があるんですけれどね、何て言えば良いのかなぁ?

ズル賢い人物が天下を取っているように思うんですけれど・・・。

良いのかなぁ?

だってね、黒田官兵衛さんも石田三成はちょっとですけれど・・・頭良いですよね?

何で家臣で終わっているのかなぁって思っています。

 

事実ならですけれど。

本能寺の変で、信長が殺害されましたけれどね、その時秀吉に「殿、殿。」

って言うから秀吉が天下人になっています。

自分では無理って思ったのかなぁ?

頭が良い人物の考え方ってわからなくなります。

相討ちを狙っての計画が誤算に終わったっていうわけないですよね。

家臣になっていますから。

黒田官兵衛さんは謎多き人物ですよ。

天下も取れそうって思いますけれど、家臣がそれについていけるの?

っていう問題とか、勢力的に秀吉の方が上でしたからなのかなぁ?

でも、ここまで気持ち良い辞世の句でしたら後悔はないって思っています。

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!黒田官兵衛まとめ

黒田官兵衛って謎多き人物ではあるんですよね。

結局はね、何がしたかったのかなぁ?って思っています。

もう少しだけ柔らかい考え方が出来る人物でしたら、

きっと世渡りも上手に出来たのかもって。

それは第三者の私の意見ですから。

本人が満足ならね、それで良いかなぁ。

でも勿体ないって思ってしまいますけれど・・・。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ