幕末志士名言!勝海舟最後の言葉「コレデオシマイ」の意味とは?

幕末志士名言!勝海舟最後の言葉「コレデオシマイ」の意味とは?の記事です。

59fc7e18cf930533227ccb1379e78625_s

「コレデオシマイ」

勝海舟の最後の言葉ですけれど・・・。

 

楽天市場

幕末志士名言!勝海舟最後?の言葉「コレデオシマイ」の意味

きっと人生に疲れていたのかも知れないって思わされる言葉です。

エリートですけれど、これといって目立つ事はありませんでした。

「江戸城無血開城」くらいかなぁ?

その後はこれっていう事もない人生を送りました。

ただ、勝海舟の中では「江戸幕府」の為っていう事が大切だったって思っています。

 

明治政府

明治の世になり、勝海舟はスカウト殺到です。

頭は良い人ですから、そうなってしまいますけれどね、すぐに辞めての繰り返しなんです。

江戸幕府での思いが強かったって思っています。

15代将軍徳川慶喜との不仲もありましたけれど、きっとお互いに素直になれなくて、

仲直りに30年もかかっています。

 

勝海舟の性格

実際お会いした事はありませんけれど、きっと自己中心的な面が多いように思います。

本でしかわからない私ですけれど、周りに相談もしないで、

自分が常に一番になりたいって思っている人物かなぁ?

福沢諭吉さえ呆れて不仲になっていますから。

人間は一人ではどんなエリートでも生きていけないって思っています。

 

楽天市場

幕末志士名言!勝海舟 まとめ

幕末志士名言!勝海舟最後の言葉「コレデオシマイ」の意味とは?まとめ

コレデオシマイ

人生やっと終わったよ。って悲しみや苦しみよりも「解放感」を感じさせられる名言です。

人の意見は様々です。私にはそう取れていけません。

人生は、戦国武将見ていたら分かるって思いますけれどね。

そう簡単にはいかないんです。

徳川家康が良い例えって思いますけれど。

楽して天下人にはなっていません。

西郷隆盛も、高杉晋作も同じです。

勝海舟は少し上から目線を感じさせられる人物って勝手に思っています。

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ