戦国武将の名言に学ぶ!上杉謙信「四十九年一睡一期英華一盃酒」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!上杉謙信「四十九年一睡一期英華一盃酒」の意味とは?の記事です。

【上杉謙信】

「四十九年一睡一期英華一盃酒」

 

勝手に辞世の句ですけれど

上杉謙信の辞世の句ですけれど・・・。

 

戦国武将の名言に学ぶ!上杉謙信「四十九年一睡一期英華一盃酒」の意味とは?

これはね、急死しているんです。

この名言もまさか急死するってわからないですから、辞世の句になっています。

 

楽天市場

上杉謙信は

お酒大好きの大酒飲みで有名ですけれど・・・。

こういう事も辞世の句になるって言う事です。

本人もまさか急死するって思っていなかったから、

上杉謙信らしい歌が辞世の句にもなるって言う事ですけれど。

良い言葉ですよね。

お酒っておいしいのかなぁ?

でも若いですよね。

49歳って。

それくらい昔は医学って無かったっていう事です。

くも膜下出血にでもなったのかなぁ?糖尿病かも知れないのですけれど・・・。

今の医学はこういう偉人達の失敗から進歩しているんです。

結核も今では不治の病ではありません。

 

偉人達の名言

殆どの人物の名言はありますけれど、ただ現代社会は「健康診断」ってあります、

当時はこういう領土を広げる事で一生懸命でしたから。

仕方のない事ですけれど・・・。

 

楽天市場

まとめ

あと10年遅く生まれていましたら、上杉幕府ってあったのかなぁ?

時代を生きた人物ですから、上杉謙信が時代劇で大酒飲んですいる

光景を何故でしょうね。

私には想像出来ます。

顔は分かりませんけれど・・・。

名言って素敵ですよね

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ