戦国武将名言の意味!上杉謙信「敵に塩を送る」なぜ?その訳は

戦国武将名言の意味!上杉謙信「敵に塩を送る」なぜ?その訳は

1489dd1f78a4460f9954eb5e6df1ea18_s

「敵に塩を送る」

どういうことなのでしょう?

 

楽天市場

戦国武将名言の意味!上杉謙信「敵に塩を送る」

有名な名言ですけれどね、この内容の意味は余り知られていないんですよね。

上杉謙信って川中島の合戦を武田信玄としていましたけれど、

武田信玄って同盟していたんですよね。

今川家と北条家。

でも経済封鎖の為に、「塩」が入って来なくなってしまったんです。

そこで、その事を知った上杉謙信から「塩」が届いたんだよね。

敵ですけれど、決着は戦いで決めたい上杉謙信らしい贈り物です。

 

現代社会ではね。

傷口に塩をぬるっていう事が多いように思いますけれど、

正々堂々と真っ直ぐな上杉謙信の気持ちを持っている人って少ないですよね。

仕方のない世の中になってしまいましたから。

良く分からないですけれど・・・。

でも、もしそういう世の中っていうのでしたら、全員で頑張って欲しいって思っています。

 

なぜ敵に塩を送るの?その訳とは

有名な名言です。

私が何歳かなぁ?っていう時から知っている言葉ですけれど、

事実だったんだぁって思った時はびっくりしました。

相手は敵ですねって不思議に思いますけれどね、お互いにライバル心があったからこそ、

ベストな状態で決着をつけたかったのかなぁ?

上杉謙信みたいに、こういう思いやりってとても大切って思ってしまう名言なのかなぁ?

実際やっていますから、名言には少しだけ違う気もしますけれどね。

思いやりってあるんですねと実感しています。

 

楽天市場

戦国武将名言の意味!上杉謙信 まとめ

戦国武将名言の意味!上杉謙信「敵に塩を送る」なぜ?その訳は!まとめ

私にはね、きっと出来ないって思っています。

人が困っていたら助けますけれどね、その時だけの多い世の中ですから。

上杉謙信を見習って欲しいって思っています。

人は誰かに支えられて生きていますから。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ