幕末志士名言に学ぶ!近藤勇「井の中の蛙大海を知らず 」意味とは?

幕末志士名言に学ぶ!近藤勇「井の中の蛙大海を知らず 」意味とは?の記事です。

564260

【近藤勇】

「井の中の蛙大海を知らず。されど空の青さを知る。」

な、何故名言になっているの?

近藤勇の言葉ではありませんけれど・・・。

大河ドラマのセリフですよ~。

これはね、「壮子」外篇、秋水篇のことわざですけれど・・・。

言葉って凄いですよね。

偉人が言えば 名言なりけりですから。

 

楽天市場

幕末志士名言に学ぶ!近藤勇「井の中の蛙大海を知らず 」意味

見識が狭くて、もっと広い世界がありますっていう意味ですけれど・・・。

後付けです。

何故名言なんですか?

「されど空の青さを知る。」って良い言葉ですよね。

日本人って視野が狭くて周りが見えないから良いって思います。

 

でも面白いですよね。

近藤勇の名言になっていますから。

でも近藤勇ってこういう事言いそうですから、良いかなぁって少し感動しています。

新撰組局長はね、斬首されました。

江戸幕府の為に頑張ったのですけれど、坂本龍馬暗殺の疑いが原因で、そうなっています。

「全く良い人生だった。」って

良くないですよ。でも近藤勇自身がそういうんです。

真実は分かりませんでしたけれど、何故、斬首なの?

今更言っても仕方ない事ですけれどね。

京都見廻り組ですけれど・・・。

きっとこのことわざはね、近藤勇らしいって思います。

農民の武士魂を持っています新撰組はきっとこれでいいんですよ。

 

楽天市場

幕末志士名言に学ぶ!近藤勇 まとめ

近藤勇はきっと疲れていたんだと思います。

斬首に出頭していますけれど、「もう疲れたよ。」って言い残していますから。

どれが正しくてどれが間違いとかはわからないですけれど、

きっとそれが運命だったって思いますから。

ただ、これは名言ではなくて「大河ドラマ」で近藤勇が言ったセリフですけれどね。

名言になるくらい印象が強かったっていう事はきっと「近藤勇」は現在も

みんなから愛されているっていう事なんだって思っています。

 

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ