戦国武将の名言に学ぶ!毛利隆元「能や芸や慰め」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!毛利隆元「能や芸や慰め」の意味とは?の記事です。

616766

【毛利元就】

名言ではありませんけれど・・・。

皆さんにもきっと届くと良いかなぁ?

「能や芸や慰め、何もかも要らず。
ただ武略、計略、調略が肝要に候。
謀多きは勝ち、少なきは負け候と申す」

もう名言ではないのかなぁ?

これは、毛利元就の記載して送った内容です。

 

楽天市場

何故こんな内容、そしてその意味

毛利家って三男以降はね、少し色々あって有名な三本の矢も本当は、まだいたんです。

三本の矢の時はどうなのかなぁ?

四男からは下降していますから。

これは、毛利元就が送った手紙の内容なのですけれど、

意味は一言で言えば、「しっかりして欲しい。」っていう事です。

 

長男:隆元

毛利隆元宛ての手紙ですけれど、隆元も又、幸せな人生ではありませんでした。

元服して、5年間奴隷生活を送っていましたから。

だから、24歳の時に毛利家に戻りました。

でも、頼りがいの無い人間になっていたって言う事です。

仕方の無い事ではあるのですけれど・・・。

人間不振にもなってしまいますから。

 

後々

結構鍛えられていますけれどね。

やっぱり難しいんですよね。性格って。簡単には治らないのですけれど、それを支えた

が、兄弟の存在感が大きかったって思っています。

 

楽天市場

まとめ

毛利家は、尼子と戦っていたのですけれど、山中鹿之介ですけれど・・・。

だから有名なのかなぁ?

そして、何故なのかなぁ。

毛利家って名言が凄い多いって言う謎です。

中国からの真似ですけれど・・・。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ