戦国武将の名言に学ぶ!毛利元就「百万一心」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!毛利元就「百万一心」の意味とは?の記事です。

616766

 

【毛利元就】

「百万一心」

格好いい名言です。

「風林火山」みたいですよ~。

四字熟語だけですけれど・・・。

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!毛利元就「百万一心」の意味とは?

国人が皆で力を合わせれば、 何事も成し得るっていう意味ですけれどね、

今の日本には絶対必要なありがたーい名言なのです。

良い事言いますよね。今の日本ではなくても良いからね、

隣近所の方ともこういう関係ってあれば良いかなぁって思っています。

 

スポーツ精神ですよ。

私はバスケ部だったのですけれど、一人では出来ないんですよ、

スポーツって。きっとこういう事も当てはまるって思います。

ただ、毛利家の三本の矢のお話に似ているって思っていますけれど・・・。

 

毛利家って

きっとこういう考え方でしたから長続きしたのかなぁ?

兄弟も助け合っていますから。

結構幼少時代って親の教育は大切な事って思っています。

だから有名なのかも知れないって思っています。

 

意外性ってあるんですよね。

今の時代はね、幸せですよね。

これっていう事がありませんから。

協力って一体何?っていう感じです。

人はきっと一人では生きて行けますけれど、

ただ生きているっていうだけなのです。

毛利元就の三本の矢のお話は有名ですけれど・・・。

もっと驚く事があるんです。

息子って、小早川隆景です。

三男ですけれど・・・。

養子にいますよね?

有名な人物って。小早川秀秋ですよ。

 

楽天市場

まとめ

意外な共通点って多いのです。こういう時代って。

だからこそ、皆さん力を合わせているのですけれどね、現代社会はね、

きっとこういう事って無いのかなぁ?

出会いはね、きっと運命なのかなぁ?

育てるのって愛って言うのでしたら、保つのは、

思いやりなのかも知れないですよ。

きっとそういう事なのかも知れないって思っています。

この名言の意味って。

別にたくさん無くても良いって思いますけれど、

小さな思いやりが人徳で自分自身にも戻って来るっていう事とね、

みんなで協力する事は本当に大切っていう一石二鳥の名言って勝手に思っています。

そうならない世の中ですけれどね、そうなれば良いっていうお話っていう事です。

多分ですけれど・・・。

 

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ