戦国武将の名言に学ぶ!宮本武蔵「空を道とし、道を空とみる」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!宮本武蔵「空を道とし、道を空とみる」の意味とは?の記事です。

7d5cf71577f9183225359c5b05880be1_s

 

【宮本武蔵】

「空を道とし、道を空とみる」

い、意味がわからないのですけれど・・・。

空を道、空、うーん、どう言う意味なのかなぁ?

空って広くて青いけれど・・・とても広くて全世界を覆っています。

無限に広い空。

きっと、空の広さの様に大きい人物って言う意味なのかなぁ?

心なのかなぁ?

心なら、きっと、私利私欲がないって言う意味にもなってしまいますけれど、

その後の言葉が大切なのです。

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!宮本武蔵「空を道とし、道を空とみる」の意味

何事にもとらわれないって

逆になっていますから。

きっと自由に生きて、自由な道を歩くっていう意味なのかもです。

宮本武蔵自体、どこの藩にいませんでしたから。

きっとそういう事って思っています。

 

宮本武蔵自体は

藩には入りたかったのですけれど・・・。チャンスを逃してしまっています。

でも、本当の努力家っていうのでしたら、宮本武蔵なのかも知れないって思っています。

努力はみんなされているのですけれどね、宮本武蔵って報われていないのです。

 

楽天市場

まとめ

努力が必ずしも報われますっていう事は言いませんけれど・・・、

何かを成し遂げています人って必ずしも、努力から何ですよね。

宮本武蔵は、どこかの藩に入って実力を認めて貰いたかったのかなぁ?

でも、その夢叶わず、自由に生きて、無心の心を持つしかなかったのかも

知れないって思っています。

だから、空を道とし、道を空とみるっていう名言が歌われたのかも知れませんね。

大剣豪って言われていますけれど・・・大剣豪よりも難しい「兵法家」ですから。

本当に、これは頭良い人物ではありませんと絶対難しいんですよね。

大剣豪よりも素晴らしいって思っています。

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ