戦国武将の名言に学ぶ!織田信長「器用というのは他人」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!織田信長「器用というのは他人」の意味とはの記事です。

Print

【織田信長ですね。】

「器用というのは他人の逆の思案をする者」

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!織田信長「器用というのは他人」の意味

織田信長の名言ですけれど・・・

うつけ者から天下人に近い人物になっていますから言える言葉ですね。

他の武将が言うのでは全く重味が違いますから。

意味ですけれど、器用にも色々ありますよね。

信長の器用っていう言葉はね、常に能力の事を言っています。

器用:判断力、応用力の事ですけれど・・・。

判断力は、武将なら一番必要なものですから。

これがありませんと先ず難しいって思っています。

武士という何足るかって結局はね、「判断力」で決まるって思っています。

多勢に無勢っていう言葉がそれに当たるかなぁ?

何も考えないで突っ込みますと命が危ないのと同じようにそういう

判断力って大切なんですよね。

応用力は、私の場合は判断力がつけば、

自然と身につく物って思っています。

いきなり応用力から入る人が多い世の中ですけれどね、

基礎が出来ていないのに応用が出来るはずが無いんですよ。

 

信長が求めている物

相手の裏をかくっていう事なんですよね。

信長の家臣を見ていますと、「豊臣秀吉」、「明智光秀」代表的な人物ですけれど、

「人と違う事をする。」っていう事です。

秀吉が一番分かりやすいですけれど、「一夜城」等々有名ですし、

絶対思い浮かびませんから。

ただ、それくらい出来て当たり前っていう人物を「名将」って呼ぶのかなぁ?

って思っています。

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!織田信長 まとめ

皆さんが言う偉人達って、当たり前には過ごしてはいないんですよね。

何かしらあるから名も残っているんです。

悪い言い方をしますと、泥棒も悪い事して捕まりますと、

「泥棒」っていう名前が残るみたいに、武将もたくさんいますけれど、

「名将」っていう名前が残って

ます人物はね、必ず「判断力、応用力」がある人物なんですよね。

それがあるから、先の先が読めるって思っています。

それを考えてみればね、秀吉って凄いですよね。

 

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ