戦国武将の名言に学ぶ!お市「さだぬだに・・ホトトギスかな」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!お市「さだぬだに・・ホトトギスかな」の意味とは?の記事です!

 

【お市】

「さだぬだに 打ちぬく程も 夏の夜に 別れを誘う ほととぎすかな」

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!お市「ホトトギスかな」の意味

短くて儚い夏。そしてほととぎすは子供達の事って思っています。

大坂の陣って、冬と夏がありますけれど、5月6日から始まった大坂の陣は、

夏の陣って言いますから。

とても儚く切ない歌を詠んでいますね。

切ない気持ちになります。

きっと後悔がたくさんあったって思っています。

 

でもこれって

柴田勝家に言ったのかなぁ?

柴田勝家も返しているんですけれどね。

ほととぎすは良く分かりません。多分です。

子供達にではないかなぁって思っています。

大坂の陣・・・家康は何考えていたの?

もう徳川政権だから良いって思っています。そこまで攻めなくても。

豊臣家がきっと徳川家に被害を及ぼすって思っていたからは分かりますけれど、

後々秀頼の時代を恐れての事なのかなぁ?

きっとその頃には徳川幕府も大きくなっていますから。

そう思いたいのですけれど・・・時代って本当に怖いですね。

 

楽天市場

まとめ

凄く切ない気持ちになっています。

お市さんは自刃していますから。

その時の言葉ですけれどね、こういう言い方は失礼って思いますけれど、

良い歌を詠んでいますね。

本当に短かった人生です。夏って季節の中では短いって思いますけれど、

きっともっと短かったお市さんの夏です。

偉人達はきっとこういう時代を生きて来たって思うと私は幸せなのかなぁって思います。

自分を殺さないで、私にも偉人達にも生きる権利って絶対ありますから。

寿命は分かりません。仕方ないって思っています。

偉人達はね、きっと意地悪です。

私に色々な感情を出させてくれていますから。

勇気を貰ったり、悲しいを貰ったりです。

それがきっと生きている証なのかも知れませんけれど・・・。

辛いですね。

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ