戦国武将名言!織田信長☆本能寺の変「是非に及ばず」の意味とは?

戦国武将名言!織田信長☆本能寺の変「是非に及ばず」の意味とは?の記事です。

Print

 

「是非に及ばず」

本能寺の変での有名な言葉です。

 

楽天市場

本能寺の変「是非に及ばず」の意味

仕方の無い事って思うけれどね。多分ですよ?

 

織田信長好きです。

すみません、織田信長は三栄傑の中でも一番好きなんです。

さて、これはね、きっとあの強気な織田信長が、絶対諦めない信長が口に出した名言です。

合戦において。幾度もピンチや敗北を味わっています信長が、諦めた時に言った言葉・・・。

信長にもそういう弱い部分もあるって言う事ですね。

直訳すればね、「どうしようもない」って言う意味です。

 

どうしようもない事はたくさんあったけれど。

常に信長は一人で作戦を立て、家臣を指揮するって言う戦い方なんです。

だからこそ、負ける事もありました。絶対勝利はね、「上杉謙信」くらいですね。

 

是非の意味

是は正しい事とそうではないって言う意味何です。

織田信長の判断力が絶対ではありませんって言う言葉を、

織田信長自身が名言にしています。

名言っていう事よりもね、そういう意味ですから、信長自身も「必ず勝つ」って

言う意味ではなかったって感じますね。

不安感の中で、どこまで出来るのか?自分の作戦は正しいのか?

そう取れる言葉です。

 

織田信長だからこそ意味がある名言です。

上記にも記載しましたけれどね、常に自分自身で策を考えていた信長ですから

こそ意味がある名言って思っています。

殆んどの武将はね、きっとみんなで作戦を立てていたって思います。

信長には、きっと自分自身が「本物の天下人」に成れる器なのかなぁっていう事を

考えていたのかも知れませんね。

 

楽天市場

戦国武将名言!織田信長 まとめ

戦国武将名言!織田信長☆本能寺の変「是非に及ばず」の意味とは?まとめ

偉人の名言は心に響きますね。

良い言葉が多いって思っていますし、その言葉は「現実」なんですよね。

今はね、昔と違って、機械がやってくれたりしていますけれど、

自分自身の体験って余り無いんです。

当たり前ですけれど・・・。

そう言う体験された人物の言葉は本物に身に染みる名言ばかりですって感じています。

楽はしたいのですけれど・・・見習う事が多い世の中です。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ