戦国武将の名言に学ぶ!大谷吉継「契りあれば六つの」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!大谷吉継「契りあれば六つのちまた」の意味とは?記事です。

c928d475754a40d6d45d662b0cf6f741_s

【大谷吉継】

「契りあれば六つのちまたに待てしばし 遅れ先立つことはありとも」

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!大谷吉継「契りあれば六つの」の意味

主君の縁は来世でも続く。

どちらが先に死んでもあの世にある六道の辻で待っている。

関ヶ原の戦いで小早川軍の寝返りで自刃した時に書いたのかなぁ?

あの時はね、小早川軍に怨みの言葉を言って切腹しているんだけどね。謎ですね。

でももっと無念な事は、関ヶ原の戦いの最中に盟友の

「平塚為広」の辞世の句が送られて来たんです。

「名のために棄づる命は惜しからじ 終にとまらぬ浮世と思へば」

この辞世の句が大谷吉継の手に渡っていた時はね、平塚為広は、

東軍に討ち取られていたんです。

運命を感じますね。

さすがに虚しいって思いますけれど、あくまでも争いですから、

仕方のなかった事なのかも知れませんけれどね。

言葉にならないって思いますよ。

辛いって思います。

争いはいつの時代も嫌な事ですけれど、石田三成が悪いって思います。

大谷吉継の親友ですけれど・・・。

 

楽天市場

まとめ

関ヶ原の戦いが全てですから。

この時に、上杉景虎はいましたけれど、役に立っていませんです。

石田三成を豊臣家に入れた事が西軍の敗北した理由では

ないでしょうかって思っています。

だって、石田三成がいなかったら、関ヶ原の戦いって無かったって思うなぁ。

強い武将がいなかったっていう事も、徳川幕府が続いた理由って思いますよ。

 

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ