幕末志士名言に学ぶ坂本龍馬「今一度、日本を洗濯致し候」意味とは?

幕末志士名言に学ぶ坂本龍馬「今一度、日本を洗濯致し候」意味とは?の記事です。

d89e8bb37234e7c9ac4b8e1e6a392cba_s

 

【坂本龍馬の名言には秘策あり】

坂本龍馬って聞けば、寺田屋事件、海援隊とか色々ありますけれどね、

名言の中に共通するんですよ。

意味不明ですね。(TT)

坂本龍馬の名言って全てある意味合いがあるんですよ~。

それが「出来るまで諦めるな。」っていう内容なんですよね。

坂本龍馬の名言ってたくさんありますけれどね、ふと思ったのです。

もしかしたら・・・ですけれど。

 

楽天市場

幕末志士名言に学ぶ坂本龍馬「今一度日本を洗濯致し候」意味

やっぱりこれですよね。

「今一度、日本を洗濯致し候」

代表的な名言ですけれど・・・。

他にもありますけれど、この名言が一番強いって思っています。

以前にも記載していますけれど、殆どの名言ってね、この名言に繋がっているのかなぁって。

この名言ですけれど・・・大政奉還です。

凄いって思うでしょ?って私だけでしょうか?

これに繋がっているんですよ~。

そもそもですけれど、坂本龍馬の名言って「不可能を可能にする」っていう事も多いんです。

それを考えてみますと、どうしても「大政奉還」に繋がっているんですよ。

 

まとめ

実際にね、ふと思った事ですけれど、坂本龍馬は

「今のままでは日本っていう国はいかんぜよ。」って思っていたから、

草履、下駄っていう時代に「靴」、日本刀の代わりに「鉄砲」って異国を

見てそう感じたのかなぁって思っています。

確かにね、江戸幕府のままではちょんまげに袴の時代のままって思っています。

実際に江戸幕府が264年続いた理由が「何もしなかったから。」

なんですよね。

大坂の陣と島原の乱のみですから。

坂本龍馬は実際はそう対した事が無いって思っている方も

多いって思っていますけれど、大政奉還があったからこそ、今の日本があるんです。

今の日本も危ないって思っていますけれど・・・。(TT)どうなのかなぁ?

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ