幕末志士名言に学ぶ坂本龍馬「おのおの、その志のままに生きよ」意味とは?

幕末志士名言に学ぶ!坂本龍馬「おのおの、その志のままに生きよ」意味とは?の記事です。

35aec6e715b123bd1268b6c8174403ad_s

 

坂本龍馬

「おのおの、その志のままに生きよ」

 

楽天市場

坂本龍馬「おのおの、その志のままに生きよ」意味とは?

自分自身の考えた生き方をしなさいっていう意味って思います。

坂本龍馬の生き方そのままに思います。

自分自身が正しいって思った事をやってきた坂本龍馬は、

この国を洗濯して「大政奉還」に繋がりました。

違う名言でありますけれどね。

この場合は、自分らしく生きて行こうっていう意味かなぁ?

それが一番難しいんですけれどね。

 

人の言われたまま生きていても意味がないって思います。

一生に一度だけの人生を自分の信念のまま貫き通す事って簡単な事ではありません。

でも貫き通した偉人達もたくさんいるっていう事実ですから。

坂本龍馬はこれっていう事は「大政奉還」くらいしかないんですけれど、

自分自身の人生を謳歌出来たのかなぁ?

海援隊、日本初の新婚旅行をやっていますけれど、これはたまたまの流れですからね。

「何日に新婚旅行しよう」って決めてはいません。

でもこういう人物が世の中を変えて行くんですねって実感しています。

 

幕末志士名言に学ぶ坂本龍馬 まとめ

武士は主君の為に、町人、農民は、生活の為に生きて来た時代ですけれど、

身分を気にしないで、自分の思った通り生きる事って簡単そうですけれど、

難しいって思います。

私も自分自身の中で、譲れない物ってありますけれどね、

多少は「妥協」しませんと現代社会では村八分になってしまいます。

 

周りの目を気にしないで生きていきたい名言って思っています。

難しいって思いますけれど・・・。

当時はこういう考え方はね、反対されていたんですけれど、

それを実行している人物は後世に名前が残っていますよね。

凄いって思います。

 

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ