戦国武将の名言に学ぶ!武田信玄「自分のしたい事より」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!武田信玄「自分のしたい事より」の意味とは?の記事です。

493954

【武田信玄】

「自分のしたい事より、嫌なことを先にせよ。

この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、

身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ」

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!武田信玄「自分のしたい事より」の意味

嫌な事を後回しにするから失敗は起きるっていう意味ではない様に思いますけれど・・・。

嫌な事や失敗が起きた時に対処法が練れるっていう意味に取れるんですよね。

どうやって問題解決に持っていけるのかなぁっていう意味かなぁって思っています。

対処法が早いっていう事は、それだけ、相談したり、協力したり出来るっていう事ですけれど。

嫌な事ってどうしても後回しになってしまいます。

人ってそういう生き物ですから仕方はないんですよね。

面倒ですし、失敗して怒られる事ってどうしても避けたいって思います。

先にそういう事をやって入ればね、失敗した時に対処法ってたくさんありますけれど、

時間と共にその対処法って少なくなっていきますからね。

武田信玄らしいって思いますね。

 

戦国武将の名言に学ぶ!武田信玄 まとめ

武田信玄は負けた事はきっと無いって思いますけれどね、

川中島の合戦第4戦で、弟を失っていますからね、

きっとこの一敗だけって思いますよ。

武田信玄が負けたって聞いた事ってありませんから。

名言になっていますからね、きっと日頃からの行動に注意していたのかも

知れませんって思っています。

ただ、何故、武田信玄って「甲斐の虎」なのかなぁ?

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ