幕末志士名言に学ぶ高杉晋作「負けて退く人をよわしと思うなよ」意味とは?

幕末志士名言に学ぶ高杉晋作「負けて退く人をよわしと思うなよ」意味とは?の記事です。

484003

 

【高杉晋作】

「負けて退く人をよわしと思うなよ。
知恵の力の強きゆえなり」

やっぱり、高杉晋作って凄いですね。

辞世の句になっています「おもしろき世をおもしろく」が

一番どんな偉人の名言よりも一位ですから。

こういう名言もあるんですけれどね。

多分ですけれど、吉田松陰との関係を歌ったって思っています。

世界遺産にもなっています「松下村塾」での勉強が高杉晋作に取っては

生き甲斐だったって思います。

安政の大獄、そして、桜田門外の変で捕まった吉田松陰のお世話と勉学に

励む姿ってなんだか切ないんです。

でもね、それがあったからこその名言って思います。

高杉晋作に取っては、吉田松陰っていう人物って絶対でしたから。

楽天市場

でも・・・。

吉田松陰が亡くなったっていう事を知らないまま、山口に戻らされた高杉晋作です。

凄く切ないって思いますけれど、本当はね、知らないままの方が

良かったのかも知れないって思っています。

 

幕末志士名言に学ぶ高杉晋作 まとめ

高杉晋作ってそんなにメジャーっていう事はないんです。

ただ「奇兵隊」が有名ですから、高杉晋作って思う人もいますけれどね、3ヶ月ですから。

奇兵隊を作ったのは高杉晋作ですけれど。

本当に人の人生ってわからない事が多いですし、わからないままの方が

良い事もあるって思います。

歴史って、全て嘘なんです。

だからわからないままの方が良かったって思っています。

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ