戦国武将名言の意味!徳川家康「上を見るな、身の程を知れ」とは?

戦国武将名言の意味!徳川家康「上を見るな、身の程を知れ」とは?の記事です。

617dc3d1b2e6140b1e8cedfb59c5311e_s

「上を見るな、身の程を知れ」

意味深そうな言葉です。

 

楽天市場

戦国武将名言の意味!徳川家康「上を見るな、身の程を知れ」

私に言われているのかもって思いました。

言葉の意味はその通りですね。

上を見ても何か変わる分けではありませんから。

 

徳川家康の生涯

人質人生は記載しましたけれどね、天下人になっても、同盟を組んだり、

豊臣秀吉の配下についたりで大変でした。

決して良い人生ではなかったって感じさせられる名言です。

それでも、家康は一歩一歩歩いて行き苦労しているって思っています。

決して楽ではない人生ではなかったって痛感させられますね。

 

名言にありますね。

人の一生はって。そういう事なのかも知れません。

楽はしたいんですけれど、楽をすればその分自分自身に返って来ますから。

 

現代社会では使えない名言です。

多分ですけれどね、良い言葉なんです。

でも現代社会で、こういう事を言ってしまうとすぐに批判されるって思っています。

名言は大好きです。

たくさんの偉人達の名言を知っています。

私自身のお話になりますけれどね、この名言って素晴らしいって思いますよ。

 

人間って上を見て目指し、下を見て優越感を感じる生き物ですから。

では、あなた自身の今の現状はどうなの?っていう言葉なんです。

だから批判が多いって思っています。

たくさんの偉人の名言集を買って読むくらい大好きなんですよね。

 

名言集を買って感じた事

たくさんあります。

偉人達の名言は勇気付けられますけれど、一番苦労して、

一番心に残っている名言は「徳川家康」なんです。

徳川家康を知らない人はね、どういう経緯で江戸幕府を開いたっていう意味を

出来れば知って欲しいって思っています。

凄いですよ。

確かに卑怯なやり方もあります。だからこそ、天下人なのですよ。

 

卑怯者って人はいうけれど・・・時代の最先端を考えて行動した結果がね、

まだまだそういう時代ではありませんでしたから、非情に終わっていますけれど、

その経験を名言に出来るのは素晴らしいって思っていますよ。

 

楽天市場

戦国武将名言の意味!徳川家康 まとめ

戦国武将名言の意味!徳川家康「上を見るな、身の程を知れ」とは?まとめ

徳川家康はすみません。

織田信長の方が好きなんです。

ですけれど、体験談を名言していますから、私の中では徳川家康の名言は感心されます。

高杉晋作の名言も好きですけれど、やっぱり、体験されている人物の言葉は重く、

そして事実を教えられているような気持ちにさせられますね。

 

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ