戦国武将の名言に学ぶ!豊臣秀吉「人の意見で出たアイディア」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!豊臣秀吉「人の意見で出たアイディア」の意味とは?の記事です。

5aed0a4d1f263e5f4a81ed4d6cdbc124_s

【人の意見で出たアイディアは、いいアイディアではない】

「豊臣秀吉」

これは分かりますね。自分自身が作戦を立てないと必ず戦には負けますから。

人の意見を取り入れる事も凄く大切な事なんですけれどね、

仮に思っていた事と違う事が起きてしまった時に対処が出来ないんですよ。

あ、だから織田信長も自分で考えて行動していたんですねって今気付きました。

それを見ていた秀吉は、凄いって思います。

人のアイディアで実行して成功する時もありますけれどね、

中途半端になってしまうって思っています。

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!豊臣秀吉

大切な事は臨機応変。

自分のアイディアで実行して負けてしまった場合は、どこがいけなかったのかな?

って修正も効きますけれど、人のアイディアだけならね、わからないんですよ。

自分自身で考えて実践してみるっていう事が色々な予測がつきますし、

臨機応変に対応も出来ますから。

だからって言って人のアイディアを全て無視はいけないんです。

アイディアを取り入れて自分自身で考えて行動する事が一番大切なんんです。

参考になりますから。成功した時に、「こういう風にすればいいかな?」

って勉強にもなりますから。

 

豊臣秀吉「人の意見で出たアイディア」の意味とは?まとめ

私が勝手に思っているんですけれどね、豊臣秀吉は、

織田信長のやり方を真似して良い所を取り入れていますね。

さすがに「太閤」です。

普通では終わらないから、豊臣秀吉は大出世したって実感させられます。

本当に元農民だったの?って疑いそうですね。

凄い人物ですよね。

私も自分で考えて行動するように頑張ります。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ