戦国武将の名言に学ぶ!豊臣秀吉☆「降参した者は、それ以上」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!豊臣秀吉☆「降参した者は、それ以上」の意味とは?の記事です。

546192

【降参した者は、それ以上責めては受けない】

豊臣秀吉の名言ですけれどね、その通りって思います。

弱っている人を責めてしまう習性って人間にはありますけれどね、

きっと心の広い人はそれをしないって思います。

いつまでもねちねちするのが人間ですけれど、相手が謝ればそれでいいかなぁ?

 

楽天市場

戦国武将名言に学ぶ!豊臣秀吉「降参した者は、それ以上」意味

その人の心の器が分かりますね。

きっとそういう意味って思っています。

大きな心を持っている人はきっとそれ以上は責めたりしませんから。

確かにね、ストレス解消にもなりますし、いい気分、優越感を感じますけれど、

逆の立場になった時凄く嫌ですから。

 

もうこれって「いじめ?」って感じてしまいそうですよね。

簡単そうな名言ですけれど、実際にそれを実行する事って難しいって思いますよ。

秀吉がこの名言を残しているっていう事が不思議に思っていけないのですけれど・・・。

裏がありそうですから。

でも、良い名言って思っています。

 

戦国武将の名言に学ぶ!豊臣秀吉 まとめ

実際に秀吉はズル賢くても、戦において、

無駄に死人が出るっていう事がないんですよね。

自分自身の体験からかも知れませんけれど、苦労していますから、

命の尊さが良く分かっている人物って思っています。

私自身ももしこういう場面に出会った時には、実行してみたいって思います。

出来るかなぁ?不安ですけれど・・・。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ