戦国武将の名言に学ぶ!山中鹿之介「十六歳の春甲の」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!山中鹿之介「十六歳の春甲の」の意味とは?の記事です。

111504

【山中鹿之介】

「十六歳の春甲の立物に半月をしたりけるが、今日より三十日の内に、

武勇之誉を取候やうにと、三日月に立顔」

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!山中鹿之介「十六歳の春甲の」

武勇の手柄を立てたいって言う意味ですけれど、悲劇の生涯の人物ですね。

尼子家滅亡後でも拘っているんですよね。

何故あそこまで拘っているの?って思いますけれど、元々、出雲尼子家の一族ですから。

復興にも頑張りますよ。

その気にもなれば当主にもなれるんですけれどね。それくらい凄い人物なのですよ。

でも、宗家に近い人物がいたんですよ。

だから、一生使い走りの生涯を得ています。

でも、知名度が低いですね。

武田信玄とかの前の人物ですから。

 

残念ですけれど・・・です。

尼子家って強かったんですけれどね、戦国時代前半に活躍した人物ですから、

殆ど知らないって思います。

ただ、戦国時代にいたのでしたら織田信長と戦って欲しいって思います。

知名度が上がるかも知れないから。

噛ませ犬みたいですね。

 

楽天市場

まとめ

山中鹿介でもいいんですけれどね、「七難八苦を与えたまえ」

って言う名言が有名ですけれどね、実はこれ後付けなんですよね。

山中鹿之介は言っていないんですけれど・・・。

でもね、そんな感じの生涯でしたから。良い意味ではありませんけれどね、

お似合いって思っています。

 

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ