【日本刀 逸話伝説】白虎隊って落城誤認のイメージ強すぎ

白虎隊って・・・。

a31669c014f60c55c9eecf113bdf0d39_s

鳥羽・伏見の戦いで戊辰戦争が勃発しましたよね。

会津藩は旧幕府勢力の中心って見なされていたんですよね。

白虎隊ですけれどね、本来は予備兵力だったんですよね。

 

楽天市場

白虎隊とは

隊は士中隊、寄中隊、足軽隊からなっていました。

充足隊は多かったんですよね。340人くらいだったって思いますけれどね。

装備していた火器は旧式銃です。

簡単に言いますと、未成年の集まりですからね、

火縄銃より少しマシですっていうくらいのレベルって思って下さいね。

 

新政府軍の主力よりも著しく劣っていたんです。

でも、東北諸藩の殆どは軍備の更新のないまま戊辰戦争に参加しています。

会津藩は鶴ヶ城を守る為に若松へと至る街道口に主力部隊を防備させましたけれどね、

圧倒的な新政府軍に対して劣勢は否めず、重要な進軍路の十六橋を落すことに失敗してしまい、

防衛戦略上の不備も重なってしまって、

本来は城下防衛の任に当たる白虎隊も支援する形で前線に進軍しました。

 

会津軍の劣勢は如何としても難くて、白虎隊も各所で苦戦していたのです。

最精鋭ってされていた士中隊も撤退を余儀無くされました。

このうち一番隊は藩主・松平容保護衛の人気あったのですけれどね‼

二番隊は戸ノ口原出来ない打撃を受けて潰走し、戦死者もありました。

負傷を守る郊外の飯盛山に落ち延びました。

 

 

悲劇的な光景

でもここで目にした物語が悲劇的な光景だったのですよね。

戦闘による市中火災を若松情報って勘違いしてしまいました。

若松城が落城したって誤認して総勢20名が自刃。

生き残った飯沼貞吉を除く19名が死亡しました。

 

実際は落城していませんでした。

途中はぐれた庄田保鉄らはその後、鶴ヶ城に入城し、

士中一番隊の生存者と供に白虎士中合同隊になって西本丸を守りましたから。

籠城戦は一月かかり?けれど、会津藩は高伏しました。

 

楽天市場

まとめ

ただ、白虎隊って、落城誤認のイメージが余りに強すぎてね、

映像化にしてもそればかりですけれどね、実際は全体の8割以上は生き延びていますよ。

これはね、新しい時代に向けて追い腹を切ることを禁じているっていう意味合いだと思っています。

 

でも、そう言われても一般の認知度は極めて低い白虎隊ですけれどね。

一番の見せ所って白虎隊はそれくらいしかないんですよね。

 

でも、自刃までしなくても良いって思っています。

本当に命が勿体ないって思っていますよ。

生きて敵討ちする方が良いって思う私です。

 

目次(サイトマップ)

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ