【日本刀 逸話伝説】五ヶ伝の備前伝って何?日本刀最大の絶頂期!

備前伝とは

5b739e6084f7eae94f47c170a6c49eac_s

この備前伝は日本刀の絶頂期って言っても良いくらいの名刀を

叩き出していますねと私自身がウキウキしていますね。

最高の代物揃いなんですよね。

備前国は、平安時代から明治時代までの間ずーっと日本刀で有名な物が多いんです。

丁子乱れの華やかな波紋を想像してしまいますね。

ですけれどね、実際人気だったことは、よく斬れることなんですよね。

 

楽天市場

焼き入れ技術が最も高度

日本刀の焼き入れ技術が最も高度になっていたのは鎌倉時代中期ですけれどね、

丁子刃を得意とするあの一文字や、備前長船の時代です。

この頃の物って、たくさんの名刀が揃い初めました。

備前伝の本質は、他の伝と違うんですよね。

基本的に温度が低いんです。

低い温度での焼き入れをしていました。

時代についていったんですよね。

備前伝は。だから現代も有名な理由の一つなのかも知れませんね。

 

備前伝は、独自に発達

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

備前伝は、独自に発達していったものなんですよ。

焼入れ温度が低いことはね、刃が高温の場合でも堅くならない様に刃全体に粘りがあって、

折れたり、破損することが少ないんです。

堅いと斬れるって思いがちですけれどね、そうではないんですよね。

逆なんですよ。堅いと刃が脆くなってしまうんです。

適度な硬度と粘り、肌合い、肉取り等々難しいんです。

 

この備前伝は基本的にそういう知識や技巧が多い日本刀がたくさんあって人気物だったんです。

ただ、備前伝は基本的に古備前っていうものがあるんです。

古備前っていうのは、無垢鍛え、甲合わせの両方があって、

高温に耐える代わりに映りが出にくいんです。

美濃伝に近い感じですね。

 

日本刀のキャッチフレーズって?

日本刀のキャッチフレーズって誰が決めたのかは分かりません。

それにこのキャッチフレーズは私は間違えているって思っています。

よく日本刀で聞くことは「折れず、曲がらず、よく切れる」

 

この言葉は日本刀のキャッチフレーズですけれどね、曲がって良いのが日本刀ですから、

よくわからないって思っています。

後付けですけれどね。

 

楽天市場

まとめ

備前伝を古備前っていうんです。

備前伝は古備があって、備前があるんです。

 

だから絶頂期がこの備前伝で多くの名刀を叩き出しているんですよね。

備前伝の最大の特徴は映りの妙味ですね。

あとは体配に地鉄ですね。

 

刃紋も現代まで受け継がれていますから。

日本刀の最大の絶頂期って言っても過言ではないと思っています。

国宝から重要文化財が勢揃いしていますから。

備前伝って私は大好きです。

岡山県ですね。今でいう備前国って。

 

目次(サイトマップ)

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ