【日本刀 逸話伝説】五ヶ伝の大和伝ってなーに?日本刀造りの基本?

大和伝ってなーに

8231801280_e05dc2846e_z

日本刀作る刀鍛冶さんはの出身になっているんです。

一番最初に出来たのがこの「大和伝」ですね。

大和伝は最も基本的な作風何ですよね。

名前の通りなのですけれどね、大和伝で発祥したから「大和伝」ですね。

 

楽天市場

大和伝とは

平安時代末期から鎌倉時代初期くらいにはもうあったんです。

古千手院一派っていうんですけれど確率されています。

大和伝の作り込みはね、鎬が高くて、鎬幅が広いんですよね。

重ねは比較的に暑い物が多いですね。

鍛えは総じているので、板目は流れています。

刃は直刀調の刃文をを強い沸で焼いています。

なので、金筋や砂流し等が目立つのが特徴的ですね。

 

地がねの関係もありますから、地景が入ってしまいますので、相州の作りに紛れます。

喰違刀、二重刀の交じる刀が多いんですよ。

太刀は焼幅が大きいくて広いんです。

こういう作風が大和伝なんですけれど、一番古いことから、これっていう日本刀は余りありません。

でも日本刀造りの基本的な大和伝からの発祥ですので、大和伝は貴重ではあるんですよね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

日本刀は色々ある

日本刀一口って言っても本当に色々あるんですよね。

何故必要かと言うと大和国は今の奈良県何ですよね。

大和伝は後付け何ですよ。

ただ、本阿彌光遜って人が加えただけです。

でも、それくらい大和伝って必要があったんですよね。

奈良県って最古の都ですから、古来からの刀工さんがいないことが駄目なんです。

でも実際には少ないんですよね。

日本刀造りには膨大な木炭とね、玉鋼が必要なんですけれど、不足しているんです。

大和伝の刀は少ないんですよね。

仕方のないことですけれど。

 

でも国宝になっている日本刀もありますから、一概には言えませんけれど、

日本刀造りより、日本っていう国の代表的な意味合いですね。

 

楽天市場

まとめ

大和伝は本当に現代刀も少ないんです。

それくらい厳しい中で造られて来た歴史なんです。

実際人気も少ないんです。

大和伝好きな片方はすみません。

 

でも、全く駄目ではないんです。

無銘刀が多い中でも、買われる方は買いますから。

基盤ですね。大和伝は。

 

不況のせいもありますけれど、備前伝に殆ど持っていかれた大和伝なんです。

それでも、大和伝が好きな片方はいますから。

 

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ