【日本刀 逸話伝説】備前長船長光と日本刀の銘と号の意味はズバリ、スマホ!

備前長船長光と日本刀の銘と号の意味って?

11904100793_702e40de92_z

この日本刀は有名な佐々木小次郎らしき人物が使用したと言われています。

号の名前は「大般若」と言われています。

大般若長光は備前長船光忠の子の長光が鎌倉中期に鍛えた太刀です。

刃渡りが73.6㎝、反りは2.9㎝、元幅は3.2㎝あります。

鍛えは小板目に丁字映り、波紋は大丁字乱れですね。

茎はわずかに切り詰めて目釘穴二つです。

銘は「長光」

 

楽天市場

備前長船長光とは

足利義輝から、三好長慶に渡って、織田信長が所持して、

姉川の合戦の戦功で徳川家康に渡ります。

後に長篠の合戦で奥平信昌の武勲で家康から与えられました。

今では国宝です。

東京国立博物館が所持しています。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

銘とか号ってなに?

この銘とか号ですけれど、簡単に言えば、スマホですけれどね。

銘がdocomo、号がXPERIAみたいな感じですね。

日本刀にもあるんですよね、色々と。

贋作を作られない為もありますし、自分が作りましたっていう証にもなるんです。

茎はなかごって呼びます。

握る部分ですけれど。

ここに銘を切っているんです。

茎は見えませんけれど、あくまでも刀身を出した時に丸見えになります。

 

日本刀の価値って

日本刀一口作るのさえ凄く工夫されているんですよね。

時間も日にちも、体力もかかります。

刀工って凄いって思いますよね。

でも、使う人物は扱いが荒いんです。

 

丁寧に使っているとやられてしまいますから仕方ないことですけれど。

こういう風な感じで一つ一つに名前があるんですけれど、

余り価値も大切さもわかってもらえない日本刀です。

 

戦国時代が終わって、その価値がわかっていったみたいですけれど、刀工さんも、

戦いの為に作っていたんですけれどね、戦いが終わって売る為に変わっていきました。

波紋を大きくして見たり、生活用具に変わっていったのですけれど、

本当はこれで良かったのかも知れませんね。

 

楽天市場

まとめ

「剣は凶器、剣術は殺人術」の時代から「剣は美術工芸品、剣術は護身術」の時代が

一番良いって思います。

日本刀は好きですけれど、血で争う日々がない方が一番幸せなんだと思います。

本当に怖いから。

きっとこれで良かったのって思っています。

 

心境は日本刀をもっと便利に良い様に使って欲しいけれど、今の時代は日本刀を持っていると

何を考えているのかもわからない人が多いから、時代は巡るっていう様に

きっと殺人の犠牲者が多いって思いますから。

今が一番良いんですよね。残念ですけれど…。

 

 

目次(サイトマップ)

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ