【日本刀 逸話伝説】同田貫って何?子連れ狼の愛刀?

同田貫とは

同田貫は一人の刀工の名ではないんですよ。

江戸初期に肥後今でいう熊本ですね。

加藤清正が地元の刀鍛冶達に実戦においての実用に絶える強靭な日本刀を命じて

出来た刀の総称ですね。

 

楽天市場

同田貫どんな刀

同田貫は切れ味よりも、耐久性重視の日本刀です。

有名な刀工は加藤清正から「清」と「正」という文字をもらった程の名工ですけれど、

「清国」、「正国」という人物がいます。

同田貫が有名になったのは明治に入ってからです。

天覧兜割りによって名を上げました。

 

硬いものを割るという物ですけれど、本来、日本刀は試し斬りといって、罪人を切るのだけれど、

同田貫は物を切った試し斬りだったみたいです。

同田貫自体切る目的ではなくて、叩くという物ですから、そういう意味合いだったのかも

知れませんし、時代の関係だったのかも知れません。

 

時代劇に出てくる

4111953733_1c0ec14e63_z (1)

良く有名なのは、時代劇に出て来ます。「同田貫」

子連れ狼の拝一刀も漢字は違うけれど、「胴太貫」は違う作ですけれど、「三匹の侍」、

「鬼平犯家帳」等々、多くの日本刀の呼び名に使われています。

知っていました?っていうか本物は使っていないと思いますけれど、

余り良い刀扱いはされていないのは事実ですね。

 

子連れ狼の拝み一刀は、熊本ではなくて、江戸時代に作った尾張の清水甚之信高の作です。

るろうに剣心で出て来る相楽左之助が使っていた斬馬刀という名は存在しません。

大太刀と呼びます。中国では斬馬刀という名前はありますけれど…。

 

実際逆刃刀は存在しますけれど、日本刀もごちゃ混ぜになっていますので、

基本的に正しいと分かる人は作られた刀鍛冶さんだと思いますよ。

 

楽天市場

まとめ

日本刀はいろいろな諸説がありますから、本当に奥が深いんですよね。

例えば、鬼を切ったとか、八岐大蛇を切った、幽霊を切った等々、伝説は神秘的で

良いと思いますけれど、いきすぎると少し引いてしまいますね。

当時はわからない物は全て神の怒りだとか、雨乞い、生け贄、人柱等々にされていましたから、

仕方のないことなのかも知れませんけれど、もう少し冷静になって欲しいと思います。

 

だからインフルエンザの予防接種を受ける人がいるんですよ。

インフルエンザでは死にませんので、わざわざ菌を体内に入れなくても良いと思っています。

そのお金は北に流れていっているだけですから。

日本人って何でも後付けしたがる人種だと思っています。

そういう私も日本人ですけれど…。

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ