【日本刀 逸話伝説】名刀正宗!美しく切れるまさに名刀!正宗抹殺論って?

正宗は実在したの?

335f272e793b91073ccdfaa05d950770_s

日本刀と言えば有名なのはこの正宗ですね。

お酒の名前にもありますね。「正宗」って。

元々は有名ではなかったんですよね。

何故、正宗が有名ではなかったのかは、正宗の作る刀は短刀が多くて、

「元寇」の時に活躍しただけの人だからです。

元寇、簡単に言えば戦争のことです。

モンゴルに攻められること二回ありました。

稀にみる珍しいな出来事ですけれどね。

 

楽天市場

美しく、よく切れる

正宗の作る刀は、とても美しく、よく切れるということが有名で、

正宗を慕って弟子の数も多いんですよ。

それだけ尊敬されていた正宗ですから、弟子達も「正宗」と自ら名乗る人物もたくさんいました。

正宗の作る刀の特徴はやはり「銘」を切らないことですね。

「銘」っていうのは誰が作ったものなのかという茎に彫り刻む証明書みたいな感じと思って下さい。

正宗自身、プライドが高かったのか、当時そういう事を知らなかったのか、鎌倉時代ですから、

よくわからないのですけれど、基本、銘を切らない日本刀が殆どです。

多分切ってないと思います。

 

豊臣秀吉が

無名のまま、正宗の生涯は終わりますけれど、この正宗を生き返らせた人物が豊臣秀吉です。

豊臣秀吉が目をつけ、正宗をアピールしました。

そこから名刀「正宗」が誕生します。

しかし、正宗抹殺論という話が明治の頃出てきたのです。

実際は存在しなかった架空の人物と言われ出します。

正宗は「銘」を殆ど切っていませんし、その美しさから贋作も出回っていましたから。

これは秀吉と本阿弥光徳と曽呂利新座衛門で作り上げた逸話です。

その証拠に曽呂利の日記というものが読売新聞社の記者、田中一郎という人が創作した話が

取り上げられてしまったからですね。

正宗抹殺論は本間順治氏達のお反論により「正宗実在」で幕を閉じました。

 

楽天市場

まとめ

正宗の銘は殆ど無名ですけれど、有銘なものも数口はあります。

「正宗と言えば五郎入道正宗」は有名ですけれど、正宗作ではありません。

正宗の弟子達の誰かの作ですね。

それくらい出来の良い美を求めた日本刀です。

 

正宗は現在も愛刀家から愛され続けているわけです。

私も大好きな日本刀の一つですね。

とても軽くて切れ味が良いと聞いたことがあります。

どこで手に入れるのか教えて欲しいと思っています。

 

正宗はきっと知らないんでしょうね。

今こんなに有名になっていることを。

そういうことを考えると少し寂しくも思えます。

 

 

目次(サイトマップ)

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ