【日本刀 逸話伝説】妖刀村正ではなくて名刀村正?天下に導いた名刀でしょ!?

妖刀村正ではなくて名刀村正?

shutterstock_244720951

私の大好きな日本刀ですね。

持っているものに災いをもたらすと言われて、現在までも来ています。

どうしても誤解を説きたいんですよね。

 

楽天市場

なぜ妖刀?

村正は夜な夜な血を欲しがり刀が鳴く、勝手に鞘から抜け出している等言われています。

妖刀伝説は有名なお話ですけれど、徳川家を襲ったことから妖刀伝説が流れはじめてしまいました。

事実、徳川家の本拠地愛知東部と三重の刀鍛冶の村正さんは近いんですよね。

徳川家の武器の需要にこの村正が使われました。

ですけれど、徳川家を呪う妖刀に変わってしまいましたよね。

 

実際は?

次々と村正が牙を向き徳川家を襲いかかったことから妖刀伝説が流れていきました。

でも家康はそれを信じていませんでした。

当時人気のあった村正は皆さんが所持しています。

使用される武器も自然に「村正」になります。

そして村正さん自身も天下の徳川家に歯向かったということで、

何かの処罰があっても良いと思いますけれど、ありません。

せいぜい銘を「村正」から「千子村正」に変えただけの処罰です。

処罰ではありませんけれどね。

 

妖刀村正ではない

徳川家康もこよなくなく愛した「村正」は徳川美術館にあります。

何故、妖刀村正ではないのかというと、関ヶ原の戦いで天下を取ったからです。

当然使われた武器も「村正」です。

言い方を変えますと、「天下に導いた名刀村正」とも取れますよね。

歌舞伎や小説で妖刀伝説なんて作られていますけれど。

現に徳川家を呪う妖刀は徳川家の方が使用していますよね。

徳川家康の家臣、本多忠勝のこれは槍ですけれど、

「蜻蛉切」は村正さんの弟子の作です。

村正という刀は人気もあり、贋作も出回りました。

でも、村正所持者は妖刀に呪われたという話を聞いたことありません。

 

良く斬れる訳?

ただ、普通の日本刀より特別なのは知っています。

炭素量が多いんですよ。

それが故に折れにくくて、良く斬れる理由です。

 

楽天市場

まとめ

いつの日か、妖刀村正ではなくて、「名刀村正」と呼ばれる日を心から願っています。

いつまでも、妖刀村正ってかわいそうだと思っていますから。

挙げ句の果てに「村雨」まで出ていますよね。

この村雨は良い意味での妖刀を持つ不思議な日本刀ってなっていますけれど、

「村雨」なんていう日本刀は存在しませんよ。

どこまで後付けをしたいのか私は不思議で意味が分かりません。

でも村正は存在しますけれど、「妖刀」ではなくて「名刀」だと思っています。

 

目次(サイトマップ)

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ