【日本刀 逸話伝説】日本刀と忍者刀の違い!忍者の刀ってどんなの?短い?

日本刀と忍者刀の違いとは

140869

忍者って謎多いですよね。

忍者の刀って、日本刀じゃないの?

実際どうなんでしょう!

違いを書きます。

 

楽天市場

【日本刀】

古来から武器としての役割と同じく、美しい姿が象徴的な意味合いを持って

美術品としても評価の高い物が多いですね。

又、古くから続く伝統では権威の証として尊ばれています。

武家政権を背景に「武士の魂」として精神文化の支柱にもなっていました。

 

特徴は折り返し鍛練法で鍛えあげられた鋼の素材を使用する点と、刀身と茎が一体となった作りですね。

茎には刀身を目釘で柄を固定する目釘孔が設けられています。

日本刀は外国の刀剣と異なり、外装品とは別に刀身自体が美術的な

価値を発揮してことが最大の特徴だと思います。

 

【忍者刀】

普通の打刀と脇差の中間の長さで、長脇差と分類されるサイズのものが大半ですね。

日本刀と違い反りは少ないですので、「直刀」に分類されています。

鍔は大きめで角張っていて、下緒は普通の日本刀よりも長く、

鞘は光を反射しない様に目立たなく艶消しに作られています。

先端の鐺は金属製、鋭角が特徴です。

 

鍔を大きくすることによって足を乗せ踏み台の代わりに使用しています。

刀は普通鞘に下げ緒という紐がついているのですけれど、忍者刀には下げ緒は長くて、

刀を回収するのに利用しました。

 

鞘は黒塗りで、目立たなく、刀の先端は地面に突き立てやすく利用出来るようにしています。

戦いは極力避けていますけれど、敵に見つかった時に、狭い所でも使え為に短いんですよね。

長いと屋根裏や壁に突き立てしまう可能性もありますから。

 

基本的に忍者というのは戦いが目的ではないんです。

敵の情報収集があくまでも目的だから、刀のように切ることよりも、刺すという方が多いのです。

一番技術の入らなくて、早く仕留められるという目的なんですよね。

 

あと、投げた手裏剣やまきびしの回収はしません。

敵陣に再度行くということは死の可能性もあるということですから。

わざわざ死にに行くことはありませんから。

 

楽天市場

天下人と忍者

隠密御庭番衆等が有名ですけれど、天下を取るような人物は何かはしています。

基本的に忍者部隊を作った初めの人物は徳川家康ですし、刀狩りも豊臣秀吉です。

織田信長は戦国時代を開いた人物です。歴史を変えた人ですね。

 

天下を取った人物の偉大さが良く分かります。

忍者も色々いますから、一概にそうですとは言えませんけれど、

「忍者」というものを初めて作ったは徳川家康です。

言い換えれば「スパイ」と言えば良いのかも知れませんけれどね。

 

 

目次(サイトマップ)

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ