【日本刀 逸話伝説】沖田総司と本当の愛刀

沖田総司と本当の愛刀

008759

 

沖田総司と言えば新撰組一番隊組長で有名です。

あと愛刀が「菊一文字則宗」という設定、天才美剣士で人気を誇っていますね。

沖田総司は新撰組の前、ただのごろつきだったのです。

今で言えばチンピラさんですね。

 

新撰組自体そうなのですけれど、良く耳にするのが沖田総司の愛刀です。

天才剣士には良い代物が大人気です。

沖田総司の出てくるアニメ、漫画、小説も「菊一文字則宗」が多いと思います。

 

現にるろうに剣心に出てきています、瀬田宗次郎も同じ沖田総司がモチーフです。

愛刀も同じ「菊一文字則宗」です。

 

楽天市場

菊一文字則宗は存在するの?

結果から言えば、「菊一文字則宗」という日本刀は存在しないんです。

無いんです。菊一文字はありますけれど、則宗作では「菊」の字では銘を切っていないんですよね。

 

則宗さんは相州伝の刀鍛冶で、元は後鳥羽上皇の下働きをされていた刀鍛冶です。

存在する菊一文字は、後鳥羽上皇が作った刀ですね。

 

ただ、則宗さんに「菊は後鳥羽院の御銘、則宗が作に限る」

と則宗さんに「菊」の銘を切ることを許しました。

則宗さんが生涯かけて作った刀には「菊」の銘は一つもありません。

 

沖田総司の愛刀は何?

では沖田総司の愛刀って何?ってなりますよね

沖田総司の愛刀は「加州清光」という刀です。

 

加州清光自体、有名ですけれど、実際はただ沖田総司が使っていたから

有名になっただけの日本刀なんです。

元々新撰組自体、刀は切れれば良いというだけの考え方が多いのです。

幕府を守る為、切れさえすれば使い捨てなんです。

 

池田屋事件で、壁に突き刺してしまい修復出来なくなってしまっています。

その後、大和守安定作の「大和守安定」を使用しています。

戦争勃発させた東條英機も軍刀として「大和守安定」を持っていました。

多分4代大和守安定作だったと思いますよ。

沖田総司は6代目作大和守安定です。

 

楽天市場

まとめ

菊一文字則宗がどこから出て来たのかは分かりませんけれど、

多分菊一則宗は「福岡一文字」のことではないかと思います。

 

もし菊一文字則宗が存在するのなら、国宝並みの重要文化財ですね。

そんな貴重な代物を沖田総司はまず使わないと思いますし、

お目にかかることも無理なくらいの代物だったそうです。

 

仮に沖田総司の愛刀が「福岡一文字」だとすれば、まず使わないと思います。

反りが深い為、新撰組自体、得意とする突き技には不向きな日本刀ですから。

 

沖田総司の愛刀は「菊一文字則宗」ではないことは確かです。

そして国宝とされている「福岡一文字」は唯一血に染まっていないのが証明されていますので、

沖田総司の愛刀とは程遠い代物になってしまいます。

 

 

目次(サイトマップ)

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ