【日本刀 逸話伝説】関の孫六は正宗さん説?正宗は武将としてステータス?

関の孫六は正宗さん説

37eac51e711238cb770a768347892fd3_s

関の孫六っていう人物は、孫六兼元っていう室町時代の刀匠さんですけれど、正宗さんや、

菊一文字など有名な刀匠の号を冠した包丁はよくあるんですよね。

鎌倉時代の正宗工芸は刀匠正宗の末裔なんですよ。

だから、包丁も刀も作っていたんです。

 

楽天市場

関の孫六は正宗さん?

関の孫六の称号を持っている貝印って、刀匠の孫六兼元とは関係はないんですよね。

噂はあるんですよね。

関の孫六の日本刀には、一口だけ正宗が作って、「関」の銘を切っているって。

だから、孫六兼元の二代目が正宗作とか、五郎入道正宗が正宗作って思われてしまってるんですけれど、

正宗さん自身は、自分の作に銘を切らないのは、自信があったから?

幕府の命令でしょうか?

そういうことにこだわりを持っていなかった人なんですよね。

「関」の銘を切っている作がありますけれど、正宗さんではなくて、弟子だと思いますけれど、

正宗さんはとにかく必要だったみたいですね。

 

正宗は武将としてステータス?

江戸時代、正宗を持っていないと武将としての恥になるくらい有名になってしまいましたので、

正宗の弟子に作らせたり、無銘を持っていたんです。

それくらい有名になるということは本当に凄い人だったって思っています。

でも、一概に日本刀って言っても腐るほどありますからね。

その中でも有名っていうことは凄かったんだよねって思います。

 

逸話ですけれどね、弟子が村正さんで、湯の温度だけは教えなかったから両手を

斬ったというお話もありますけれど、それで師弟関係が崩れていったって。

後付けって本当に怖いって思っています。

両手切断されてどうやって刀が作れるの?って思いますけれど。

それくらい有名だったっていうことですね。

 

楽天市場

まとめ

関の孫六さんも有名ですけれど、あくまでも受け継がれる家系のお話ですからね。

初代、二代目以降は有名ではなくなりました。

でも包丁は有名ですよ。

 

良い包丁だと軽く2万越えするのもありますけれど、私は包丁は切れれば良いって思っています。

出来れば、正宗が欲しいんです。でもないんですよね。

オークションとかも怪しいですしね。

ここまで有名になるともう脱帽ですよね。

 

正宗さんが銘を「関」で切っていれば凄いって思いますけれど、あくまでも噂ですから、

時代を考えると到底無理な話なんですよね。残念ですけれど。

夢は夢のままの方が良いんですよ。

きっと。

 

 

目次(サイトマップ)

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ