【日本刀 逸話伝説】歴史が動いた日~関ヶ原の戦い2~直江状が引き金?

関ヶ原の戦いは直江兼続からの手紙が引き金?

c03ac09d0bec1da91931c8e107efe06b_s

仲裁役の前田利家が亡くなり、豊臣家の内部分裂は激化していきます。

豊臣五奉行の筆頭石田三成暗殺事件が起きました。

未遂で終わりましたけれど。

豊臣家の武将として活躍していました

「福島正則」「細川忠興」「藤堂高虎」「加藤清正」等々が

石田三成を亡き者にしようと計画して襲撃します。

 

楽天市場

助けを求めた相手が徳川家康

石田三成は事前にこのことを察知していたから助かったのですけれど、

助けを求めた相手が徳川家康なんです。

徳川家康が仲裁役になって事なきおえました。

でも、このことが徳川家康の自由になってしまいます。

 

石田三成が暗殺未遂事件で失脚してからは豊臣家の中枢の大阪城に入って、

政務を指揮するようになったんです。

当然ですけれど、こうなってしまったからにはもう修復が効く事がありません。

徳川家康の権力は更にあがっていきました。

 

「直江兼続」からの手紙

367880

勿論ですけれど、豊臣五奉行に取っては面白くない事だったんです。

天下はこのままだと徳川家康のものになるのではっていうことが広まっていきました。

そんなある時、上杉家の重臣でした「直江兼続」からの手紙がありました。

色々な説がありますけれど、早い話が挑戦状です。

有名な「直江状」のことですけれど、手紙のやり取りですので、

色々な説や推測されていますけれど、

この「直江状」が関ヶ原の戦いの引き金になったことは事実です。

 

時代が大きく動くことになったのです。

石田三成も豊臣五奉行と相談をして、徳川家康を打倒する計画を立案します。

石田三成は大谷吉継っていう親友がいました。

名将でしたけれど、ハンセン病になって戦うことは出来ませんでしたけれど、

石田三成と親交を深めて「打倒家康」を誓いました。

ここから関ヶ原の戦いに発展していきます。

 

 

楽天市場

石田三成の誤算「小早川秀秋」

石田三成暗殺未遂事件の実行者等が家康について「家康様に協力する」っていうことで

反対意見が無くなりました。

上杉家に進軍中の徳川軍は大阪に戻って石田三成と戦うことが決まったんです。

石田三成は西軍、徳川家康は東軍っていう二大陣容が決定されました。

 

そして戦が始まりましたけれど、西軍が有利ではあったんです。

徳川軍にもたくさんの協力者はいたのですけれど、

石田三成に取っての誤算は「小早川秀秋」だったことだと思います。

 

徳川軍にも誤算はありました。

次男の秀忠が間に合わなかったことです。

でも、他の部隊の活躍で戦いは終りを迎えます。

 

まとめ

天下分け目の大戦、関ヶ原の戦い自体は1日で終わってますが、

この戦いへの背景は、複雑。

 

関連記事

【日本刀 逸話伝説】歴史が動いた日~関ヶ原の戦い1~背景って?

目次(サイトマップ)

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ