【日本刀 逸話伝説】新撰組とは。壬生浪って?どんな活動してたの、目的は?

新撰組とは・・・。

128187

黒船で有名なペリーが、条約締結を求めて来航しました。

日本は開国派、攘夷派が入り乱れて騒然としていたんです。

やがて京都で「天誅」と称して攘夷派に反対する暗殺が横行するようになってしまいました。

攘夷派の朝廷への工作が功を奉して、将軍を上洛させて賀茂神社行幸に同行させて、

攘夷決行を約束させようっていう計画が実行しました。

この将軍上洛の護衛の為に集められた浪士達の中に後の新撰組になる一団がいました。

 

楽天市場

新撰組とは

将軍上洛の護衛だからね、本当なら旗本に当たればいいんですけれど、

当時の旗本は実戦としては余り役に立たなかったんですよ。

ペリー来航の時も何も出来なくてアタフタしてばかりだったんですね。

結局、江戸周辺の警備は諸藩に任せるしか出来なかったんですよ。

この為、清河八郎から浪士隊案が持ち込まれて幕府はそれに乗ったんです。

ところが、いざ将軍に先立って浪士隊が上洛すると清河八郎は本来の目的を実行するのです。

本来の目的は朝廷に工作して浪士隊を朝廷直属の攘夷実行部隊にするということだったんですよ。

このことを浪士隊に宣言しましたけれど清河八郎の意見に反対する浪士隊がいたんです。

騙されてたんですよね。

その反対した浪士隊にいたのが、後の新撰組、近藤勇や芹沢鴨達ですね。

清河八郎は倒幕派なので、この件がバレて処罰されました。

一方残った近藤勇、芹沢鴨達は京都壬生の前川邸に居候しながら当時京都守護藩の任にあった

会津藩に運動して預りになりました。

会津藩公認の外郭部隊ですね。

 

どんな活動してたの?

当時の京都は暗殺が横行して、治安も悪く京都の治安維持は本来、

京都所司代や京都奉行所が行っていたんです。

それでも対応出来なくて悪化していく一方です。

幕末になって新たに設置されたのが京都守護職です。

その強硬部隊として活動しました。

この頃は「壬生浪士組」と呼ばれていました。

基本的に内部戦争の多い壬生浪士組ですけれど、局長に芹沢鴨が選ばれます。

芹沢鴨は水戸藩士の分家の出身だったので、身分が低い他の壬生浪士組の中でも武士に

顔もある程度効いていたんですよね。

でも、京都のお役目が決まり、順調になってからは態度が一変していきました。

そこで内部戦争にて、芹沢鴨を暗殺するんです。

では次の候補と言えば、道場もある近藤勇になったという流れですね。

この壬生浪士組の活躍は八・一八の政変の功績が評価されて、「新撰組」と拝命するのですね。

新撰組の活躍で一番有名なのは、やはり池田屋事件ですね。

京都焼き打ちとその混乱に乗じて天皇を長州に連れ去ろうっていう計画を阻止したのです。

この功績は大きかったのですけれどね。

あとはもうグデグデだったの。

 

目的は

何してるのって話になってしまいますけれど、新撰組の目的は治安警察です。

時に応じて軍事上の一部隊として戦闘に参加することですよね。

ところが、蛤御門の変では攻めて来る長州藩に実戦参加していますし、近藤勇に関しては

八・一八の政変の頃から政治活動に興味を持っていたのですよね。

ここら辺りから結成メンバーとも少しずつ溝が出来て来ました。

鳥羽・伏見の以後の戊辰戦争では、仕方ないのかも知れませんけれど、

守るべき京都を忘れて旧幕府軍の一隊として活動をしています。

 

楽天市場

まとめ

最後の方は互いにバラバラの道を歩んでいくのですけれど、

新撰組の活躍は無駄ではなかったのは事実なんです。

ただ、腹の黒いところまで行ってしまう部分が多いことから、新撰組自体を生き様が格好いい、

素晴らしいと評価する人もいますし、新撰組自体いてくれたら、迷惑だけれど、

助かると評価する人もいます。

 

新撰組はその人の価値観の問題だと思いますよ。

事実、京都では9割の片方が、新撰組批判をしています。

でも今でも新撰組の活躍はそれなりに残ってはいるんですよね。

「壬生浪」っていう名前で分かるくらいですので。

 

新撰組を評価する側とアンチ側に分かれるのは仕方ないことかも知れませんけれど、

本当に新撰組のことを言えば、決して良いとは言えないのは事実ですね。

これ以上は余り知らない方が良い歴史の難しい所でもあるんですね。

真実は時に残酷なもので知らないまま終わっていた方が良いこともあるんですけれど、

新撰組がそれに当たります。

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ