【日本刀 逸話伝説】日本刀の誕生はいつ?なぜ反りがはいってるの?作り方?

いつ日本刀の誕生したの?

 

040185

奈良時代後半くらいから、「反り」がみられる様になっていきましたよ。

それまでの刀というものは「剣」と呼ばれていました。

剣とは直刀で刃が両面にあります。

両刃刀、諸刃刀とも呼ばれていました。

楽天市場

日本刀はいつ誕生したの?

刀は、平安時代には完成した形になっています。

以前の直刀では刺すこと、突くことが主流に使われていました。

両刃でも殺傷は可能なのですけれど、殺傷能力に限界があります。

 

殺傷時の皮膚や脂、血の付着面が多いんです。

そうなると、刃がこぼれたり、殆ど斬れなくなってしまいます。

反りを入れることによって側面での連続攻撃が格段と上がりました。

 

なぜ反りを入れるの?

刺すということは、戦術の時にかなりの接近戦になりますよね。

刺した後の相手の攻撃が受けやすく反撃が出来なくなってしまいます。

反りを入れることによって殺傷時の皮膚や脂等が少なくて済むんです。

 

両刃は「刀身が薄い」という面と「斬撃より刺突」に向いています。

切る際には「相手の急所に突きいれて、引き抜きながら切る」っていう

高度な技術が必要だったのです。

 

片刃は刃のない方に十分な厚みを持たすことで剣には出来なかった、

「斬撃」が出来るようになりました。

刃の重さがあるので遠心力で強力な斬撃が可能になったのですよね。

平安期に「夷」との戦いで夷が使用していた蕨手刀の威力に注目して

朝廷軍の方でも「刀身が反った刀」を作り始めました。

 

刀の作り方

作り方ですけれど、色々な説があるんですよね。

刀に弧が加わったのは、鉄に鋼を巻き付けて鍛練をする製法に変わってからなんですよね。

日本刀は寒さに弱くて落としただけでも鞘の中で折れてしまったり、

軽くぶつかっただけでも折れていました。

 

そこでより強くて、適度なしなやかさを兼ね備えた刀を生み出された製法が今に至る、

鉄に鋼を巻き付けて鍛練するというものだったのです。

でもこの組み合わせで鍛練をするとね、性質の違いから、どうしても刀身が反ってしまうんですよ

「反らせた」のではなくて、「反ってしまった」が正しい表現だと思います。

 

弧がついたことによって、引き切る際により鋭い鋭角が刀に生まれて、

日本刀の凄味でもある折れにくさと切れ味に繋がりました。

という意見も多いんですけれどね、実際は疑問点が多いと思います。

 

製造工程で、自然に反りが出来たということはおかしいと思います。

菜切り包丁をみるときちんと曲がらないで作られています。

あれは焼きいれると、硬化側が膨張して曲がるのを焼き入れ前に反対に曲げてから

焼きいれをしますので、曲がりのない包丁になりますから。

 

楽天市場

まとめ

反りのない刀は作ろうと思えば作れるんですよね。

刀身が反っている刀を作る。

これが「日本刀」の誕生なんです。

 

当時は野蛮な武器という見方もされていましたけれど、「優美に湾曲した刀」の美しさは

次第に貴族達も虜にしていきました。

本来なら「刀術」や「刀道」なのに「剣術」や「剣道」と呼ばれのはそういう伝統があるからだと

思っています。

 

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ