【日本刀 逸話伝説】征夷大将軍って時代によるお偉いさん!源頼朝は?

征夷大将軍って?

163486

征夷大将軍って聞くとすごく偉い人って思ってしまいますよね。

これはね、違いますよ。

時代によって変わって来ます。

 

楽天市場

征夷大将軍ってなに?

元々、将軍っていうものはなーにってなりますけれどね、将軍は「法律制度」において、

ある程度の大きな軍隊の指揮官っていう意味なんですよー。

 

だから、平安時代とかは「将軍」ってたくさんいたんですよね。

では、誰が一番偉いの?ってなりますけれど、

平安時代はね、「近偉大将」っていう身分の人ですね。

 

でもあれ?征夷大将軍はってなりますけれどね、

征夷大将軍はこの時代にはたくさんいたんですよね。

たくさんある大将軍の中で、他にも「征東大将軍」とか、「征越後大将軍」ってたくさんいたんです。

 

この「征夷」ってなーに?っていうとね、征夷軍の大将軍っていう意味です。

今ではね、征夷大将軍って、ってなりますけれどね。

元々は中央の将軍よりも身分は低いんです。

 

でも、遠征中の現地でね「行政権」や「裁判権」って出来ないからね、

天皇の代わりに臨時的に行使出来る権限を持っているんですよ。

これはね、中央に指示が出せないからね、その為に設けられた特別な特権なんですよ。

 

事例

いい例が、源頼朝がそうですけれどね、武士が正式な行政権を持つに至るのが、

「鎌倉幕府」なんです。

でもね、この時代ってまだまだです。

源頼朝に「将軍位」を与えたけれどね、ただの「将軍位」だったんですよ。

意味は本当にそれだけなんです。

 

ただ、現地での政治を行う権限があるんです。

その後、室町時代にも、江戸時代にも「征夷大将軍」ってありますけれどね、

この「征夷大将軍」っていうものはうーんと、わけがわからない状態になっていきました。

何故なら他の「将軍位」とね、混ぜられなくなったんですよ。

 

将軍、征夷大将軍、一番偉い武士っていう風になっていきます。

だからね、征夷大将軍は、武士への指揮官、行政権、

裁判権っていう天皇の権限を代行出来たんです。

 

本来はね、「遠征地」に限られましたけれどね、それを日本全土に拡大して、

「将軍が日本を統治する」ことが出来たんです。

 

楽天市場

まとめ

面白いって思いますよね、歴史って。

色々歴史ってありますからね。本当に日本刀並みにややこしいんですよね。

でもね、それが歴史ですから…。

 

目次(サイトマップ)

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ